「ぷらっとこだま」利用で、お得にグリーン車に乗ろう!

ぷらっとこだま

JR東海ツアーズが、東海道新幹線の「こだま」利用限定で設定する片道新幹線のきっぷが「ぷらっとこだま」。注目は、1ドリンク引換券が付いていることと、東京・品川〜名古屋ならプラス800円、京都・新大阪までならプラス1200円でグリーン車を利用できること。のんびり旅をお得に楽しめます。

東京から名古屋以遠ならグリーン車利用がおすすめ!

「ぷらっとこだま」利用で、お得にグリーン車に乗ろう!
東海道新幹線のグリーン車

設定があるのは、東京・品川・新横浜で「こだま」に乗車する場合は、静岡、浜松、名古屋、京都、新大阪まで。
東京駅〜静岡駅は「こだま」で1時間20分で、名古屋までのちょうど中間。
東京駅〜名古屋駅は2時間40分(「のぞみ」よりプラス1時間)ほど、京都駅までだと3時間30分(「のぞみ」よりプラス1時間14分)、新大阪駅には3時間54分(「のぞみ」よりプラス1時間14分)かかります。

実は、「こだま」は、名古屋駅までの間に、待避線のない熱海駅以外で、後続の「のぞみ」、「ひかり」に抜かれます。
後続列車2本に抜かれる際に、三島駅などで時刻表では表示されない5分停車などもあり、気長に構えなければ、イライラしてしまいます。
逆に名古屋まで頑張れば、その先は、京都、新大阪まで乗車しても「のぞみ」に比べて14分しか違わないので、使い勝手としては、静岡でやめておく、名古屋・京都・大阪まで頑張るという2通りが想定できます。

東京駅からぷらっと普通車通常の普通車料金ぷらっとグリーン車通常のグリーン車
静岡駅5,1006,270円6,6008,740円
浜松駅7,1008,440円8,60012,100円
名古屋駅8,80011,300円9,60014,960円
京都駅10,90014,170円12,10019,040円
新大阪駅11,10014,720円12,30019,590円
通常期の料金比較で、繁忙期は異なります

上記の料金比較をみてもわかるとおり、名古屋駅から先なら、通常の普通車指定席を利用するよりも「ぷらっとこだま」のグリーン車タイプを利用するほうが安いことに。
静岡駅まででも、グリーン車利用でも330円の差額なので、ワンドリンク券をビールに換えればトントンという計算になります。

利用にあたって注意したいのは、ネットで予約しても、発券できるのはJR東海の券売機のみということ。
東京駅の場合だと、在来線からの新幹線乗換口にある窓口、券売機はJR東日本なので、いったん、八重洲口に出て、JR東海の窓口、券売機で発券することになります(他の方法としては、郵送で届けてもらうこともできます)。
しかもJR東海の新幹線専用改札口しか利用できません。

さらに、販売される座席数に制限があるため、希望の列車が空いていないことや、乗り遅れ不可という欠点もあります(利用人数・乗車日・列車・区間・座席位置などの変更は一切できません)。

購入できるのは乗車日の1ヶ月前の11:00〜前日の22:00なので、旅行日が決まったら早めの予約購入がおすすめです。
ドリンク引換券は、新幹線ホームなどの「クーポン券引換店」の看板のある売店ならOK。
660ml以下のソフトドリンク(医薬部外品を除く)、350ml以下の缶ビール(一部商品はロング缶も可)、500ml以下の酎ハイ、発泡酒(日本酒は引換え不可)で(価格により一部除外品があります)。
以前は差額を払ってワインに引き換えも可能でしたが、現在はできなくなっています。
価格的には、対象となる商品のうちでもっとも定価が高い缶ビールなどに換えるのがお得です。

ちなみに、東海道新幹線「こだま」でも 令和2年7月に登場したN700Sで運転されるものもあるので、新型車両の快適さにこだわるなら、N700Sを選ぶのも手。

「ぷらっとこだま」利用で、お得にグリーン車に乗ろう!
料金は2023年12月時点のものです
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
山陽新幹線「こだま」

山陽新幹線「こだま」では「旧グリーン車」が普通車指定席券で乗車できる! 

山陽新幹線では、東海道新幹線の16両編成とはことなり、8両編成で運転されています。山陽新幹線の8両編成はすべて普通車のため16両編成を8両に改造する際、グリーン車は座席の置き換えなく、そのまま普通車として運用しています。乗り鉄が「乗り得シー

新幹線「こだま」・個室

新幹線「こだま」には個室(コンパートメント)がある!

あまり知られていませんが、新幹線「こだま」には個室があります。山陽新幹線(新大阪駅~博多駅)の「こだま」(700系、グリーン車なし)のうち、こだま845号・856号・858号・860号の8号車には普通車指定席の4人用個室が備わっているのです

東海道新幹線

東海道新幹線の自由席に並ぶなら、偶数号車が狙い目!

東海道新幹線の「のぞみ」、「ひかり」、「こだま」は、現在、N700AまたはN700Sで運行され、座席配置は全列車同じ(座席数1323)です。3号車、5号車など奇数号車にはトイレ、ゴミ箱などが設置されているので、駅のホームで自由席に並ぶ際には

E257系特急踊り子

どっちが乗り得? 特急列車と普通列車のグリーン車

2024年3月16日に普通列車のグリーン車の料金が見直され、ホリデー料金が廃止、101km以上は実質値上げとなります。東京〜湯河原は99.1kmで、その先、熱海は100kmオーバーに。熱海まで行くなら、特急列車(指定席)と普通列車のグリーン

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

アバター画像

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

よく読まれている記事

こちらもどうぞ