横浜中華街

横浜中華街

横浜中華街(神奈川県横浜市)の起源は、安政6年(1859年)の横浜開港。開港とともに上陸した西洋人の仲介役として活躍したのが、漢字を理解できる広東を中心とする中国人。やがて外国人居留地に近い横浜新田に、日本や外国商館にとって不可欠の存在だった華僑の居留地が作られ、後に中華街へと発展しました。

500m四方に600以上の店舗がひしめく

現在、600店以上もの店舗が営業し(中国料理店は約230店、小売店が約200店)、日本最大のチャイナタウン。
500m四方のエリアの東西南北などに10基もの牌楼(ぱいろう)と呼ばれる門が配されています。
とくに東南西北の4基は重要で、その守護神は東(朝陽門)=青竜神、南(朱雀門)=朱雀神、西(延平門)=白虎神、北(玄武門)=玄武神となっています。

横浜中華街で味わえる中華料理は、広東は華僑の故郷といわれることもあって、圧倒的に広東料理の店が多いのですが、上海、北京、四川、湖南と多様です。
中華料理を味わう際には、どの地域の料理を味わうのか(北京料理は辛く、南に行くほど甘い傾向があります)、コースで味わうのか、単品(お粥、小籠包、餃子など)にするのか、事前に決めておかないと、目移りしてしまいます。
雑貨、食材、調理器具などのショッピングを楽しみ、お粥、小籠包など専門店をハシゴして2食、3食と食べる人も多いのが特徴。

また、関羽を祀る関帝廟や媽祖(まそ=航海・漁業の守護神)を祀る媽祖廟、そして清明節、関帝誕、春節などの四季折々の祭事もチャイナタウンらしい風物になっています。

中華街が45度傾いて碁盤の目のようになっているのは、チャイナタウンが造られる以前は、横浜新田の田圃が広がり、そのままあぜ道を道としたから。
今ある店が建つ場所は、幕末まで田圃だった場所なのです。

朝陽門の近くには「中華街インフォメーションセンターChina town 80」があり、中華街各店舗のパンフレットなどが入手可能で、中華街の地図なども販売しています。
また公衆トイレ(「洗手亭」)もあるので便利。

ボランティアの「外回りコンシェルジュ」が中華街全域を巡回しているので、困ったときには声をかけることができます。

中国人のいる場所に、中華街ありといわれるほど世界各地に中華街がありますが、日本国内には、神戸の南京町、長崎の新地中華街が大規模なチャイナタウンで、日本三大中華街に数えられています。

華僑の活躍と中華街の誕生

開国とともに日本にやってきた香港、広東、上海の西洋商館で働いていた中国人。
いちはやく西洋文明と接していた中国人は、英語など欧米の言葉を理解し、日本とは漢字による筆談で意思疎通ができたのです。

こうして開国とともに、欧米人の通訳として重要視されたのが華僑とよばれる人たちです。
開国とともに、欧米の言葉、文化を理解できない日本人に対し、華僑は、生糸や茶の貿易仲介者として活躍したのです。

同時に、貿易商として、北海道産の鮑(あわび)、なまこ、昆布などの海産物を中華料理の材料として香港、上海に輸出、砂糖を台湾から輸入と、横浜の繁栄を支えました。
華僑にとっては、開港直後の横浜には、大きなビジネスチャンスがあったのです。
横浜新田(明治初年には横浜の華僑人口は1000人を数えています)に華僑が集まると、必然的にチャイナタウンが形成されました。
チャイナタウンは西洋文化の発信地ともなったため、西洋家具やピアノの製造、欧文印刷、洋裁なども横浜中華街発祥といえるものになっています。
関帝廟の傍らには、「新聞誕生の地」碑も立っていますが、日本の新聞も横浜中華街の発祥なのです。

名称 横浜中華街/よこはまちゅうがかい
所在地 神奈川県横浜市中区山下町
関連HP 横浜中華街発展会協同組合公式ホームページ
電車・バスで 横浜高速鉄道みなとみらい線元町・中華街駅から徒歩3分、またはJR石川町駅から徒歩5分
ドライブで 首都高速横羽線横浜公園ランプから約1km
駐車場 中華街パーキング(300台/有料)など周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ インフォメーション・センター「ChinaTown80」 TEL:045-681-6022/FAX:045-211-0593
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
横浜中華街・善隣門

横浜中華街・善隣門

神奈川県横浜市、中華街大通り入口にある牌楼(ぱいろう)の善隣門(ぜんりんもん)は、横浜中華街のシンボル。初代の善隣門が建てられたのは昭和30年2月で、それまで中華街は「南京町」と呼ばれていました。この善隣門に「中華街」と記されたことにより、

横浜中華街・朝陽門

横浜中華街・朝陽門

神奈川県横浜市、横浜中華街の東門にあたるのが朝陽門(ちょうようもん)。横浜中華街には現在、大小10基の牌楼(ぱいろう=門)がありますが、そのひとつが朝陽門です。東西南北には「春夏秋冬」、「朝昼暮夜」という陰陽五行に基づく色である「青赤白黒」

横浜中華街・朱雀門

横浜中華街・朱雀門

神奈川県横浜市、横浜中華街の南門にあたるのが朱雀門(すざくもん)。横浜中華街には現在、大小10基の牌楼(ぱいろう=門)がありますが、そのひとつが朱雀門です。東西南北には「春夏秋冬」、「朝昼暮夜」という陰陽五行に基づく色である「青赤白黒」が当

横浜中華街・延平門

横浜中華街・延平門

神奈川県横浜市、横浜中華街の西門にあたるのが白虎(びゃっこ)が守護する延平門(えんぺいもん)。横浜中華街には現在、大小10基の牌楼(ぱいろう=門)がありますが、そのひとつが延平門です。東西南北には「春夏秋冬」、「朝昼暮夜」という陰陽五行に基

横浜中華街・玄武門

横浜中華街・玄武門

神奈川県横浜市、横浜中華街の北門にあたるのが玄武(げんぶ)が守護する玄武門(げんぶもん)。横浜中華街には現在、大小10基の牌楼(ぱいろう=門)がありますが、そのひとつが玄武門です。東西南北には「春夏秋冬」、「朝昼暮夜」という陰陽五行に基づく

横浜関帝廟

横浜関帝廟

神奈川県横浜市、日本最大の中華街でもある横浜中華街の関帝を祀る廟。関帝とは、『三国志』でその名を知られる中国の武将、関羽(かんう=西暦220年1月没)のこと。明治6年、居留民によって、山下町140番地付近に日本で最初の小さな廟が創建されたの

横浜媽祖廟

横浜媽祖廟

航海安全の守護神として知られる道教の女神、媽祖(まそ)。「玉皇大帝」「天公」ともいわれ、中国の民間信仰では最高神にされているほどです。あらゆる神・仙人を統御し、人間の行為を算定して運命を決定すると信じられてきた媽祖を祀るのが横浜中華街にある

横浜中華街・春節

横浜中華街『2020春節』

2020年1月25日(土)~2月8日(土)、横浜中華街で『春節』(しゅんせつ)が行なわれます。中国では旧暦の正月を、春節と呼び盛大に祝う風習があります。横浜中華街で春節を祝う恒例イベントも2020年で34回目を迎えます。爆竹が豪快に鳴り響き

媽祖廟

横浜中華街で『媽祖誕』

媽祖(まそ)は航海の安全や漁業、健康、縁結びにご利益があるといわれる中国の女神(もっとも地位の高い神)。その誕生日である旧暦3月23日(5月上旬=新暦に直しての開催ですので年によって開催日が異なりますので、事前にご確認を)を祝って横濱媽祖廟

横浜中華街2019 関帝誕

2019年7月26日(金)、横浜中華街で『関帝誕』が執り行なわれます。西暦160年農暦(旧暦)6月24日に生まれた關聖帝君(かんせいていくん)の誕生日を祝って行なわれる拝神儀式が關帝誕(関帝誕)。横浜中華街の関帝廟では毎年、旧暦6月24日に

日本三大中華街

日本三大中華街とは!?

横浜、神戸、長崎は、安政五カ国条約によって開港し、香港、広東、上海の西洋商館で働いていた中国人(華僑)が、通訳(西洋人の言葉を理解し、日本人とは筆談)、貿易商として来日。西洋と日本との橋渡しに活躍しましたが、華僑たちが築いたチャイナタウンが

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ