都井岬・御崎神社

都井岬・御崎神社

宮崎県串間市、草原に野生の御崎馬(みさきうま)が遊ぶ都井岬の最南端、断崖の中腹に白い鳥居と祠が建つ御崎神社(みさきじんじゃ)。創建は和銅元年(708年)と伝わる古社で、社殿の周囲には3000本ものソテツが自生し、ソテツ自生地は国の特別天然記念物にも指定されています。

都井岬の最南端の断崖に鎮座

白い鳥居がソテツの深い緑に映え、社殿前からはソテツ林越しに海を眺めることができます。
御利益は海難除けと縁結び。
崖下は海釣りのポイントにもなっています。

明治の神社合祀で明治6年に都井神社に合祀されていますが、旧社殿への参拝が絶えなかったため、明治13年に、旧社殿へ還座しています。

ちなみに、御崎神社社務所は、例年、正月三が日にのみ開いています。

都井岬・御崎神社
名称 都井岬・御崎神社/といみさき・みさきじんじゃ
所在地 宮崎県串間市大納
関連HP 串間市観光物産協会公式ホームページ
電車・バスで JR串間駅からタクシーで40分
ドライブで 宮崎自動車道宮崎ICから約88km
駐車場 100台/駒止の門で御崎馬保護育成協力金が必要
問い合わせ 串間市観光物産協会 TEL:0987-72-0479
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
都井岬放牧地

都井岬放牧地

全国でも珍しい野生馬の生息地、宮崎県串間市の都井岬(といみさき)は、元禄10年(1697年)に高鍋藩秋月種政が軍用馬と農耕馬を集め、都井村御崎牧に放牧したのが始まり。その御崎牧は現在、都井岬放牧地となり、現在も120頭ほどの野営馬が生息して

都井岬灯台

都井岬の先端にある白い塔型の灯台で昭和4年に初点灯。空襲と台風で灯室が大破したりしていますがコンクリート製の灯塔は創建当時のもの。青く澄んだ空をバックにしたその優雅な姿は野生馬の「御崎馬」ととも都井岬のシンボル的存在となっています。日南海岸

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ