鶴寿泉

戦国時代、豊後国(ぶんごのくに=現・大分県)の領主として名を馳せた、大友宗麟(おおともよししげ/おおともそうりん)が開いたという別府八湯のひとつ明礬温泉(みょうばんおんせん)。鶴寿泉は、湯治場として栄えた温泉街の一角にある市営の共同湯で、しかも無料で入れる温泉です。

古くは下の湯とも呼ばれた明礬温泉の入浴無料の共同湯

別府八湯では最高所に位置する明礬温泉。
鶴寿泉は、古くは下の湯(上の湯=地蔵泉/休業中)、鶴亀泉とも呼ばれた歴史ある共同湯で、今も風情ある湯小屋風の外観に、歴史をとどめています。
江戸時代、明礬温泉のあった鶴見村は森藩の飛び地。
明礬の採掘が森藩の財政を豊かにした江戸時代、明礬温泉には明礬製造所が設置され、藩主の久留島候がここを訪れた際に村人が新たに浴室を造って入浴させたところ、大いに喜び「鶴寿泉」と名づけたとのこと。

現在の鶴寿泉の建物は平成8年の再建。
浴室は男女別1ヶ所ずつあり、小ぢんまりした浴槽のほかに備品はないので、タオルやせっけんなどは持参のこと。
白濁した湯は明礬温泉からの引湯で、泉質は酸性・含鉄(Ⅱ、Ⅲ)−硫酸塩泉(泉温61.8度/pH1.7)。
源泉かけ流しで湯船に注がれる湯は、酸性と殺菌効果が強く、慢性皮膚病に効果大。
 

鶴寿泉 DATA

名称 鶴寿泉/かくじゅせん
所在地 大分県別府市明礬3組
関連HP 別府市公式ホームページ
電車・バスで JR別府駅西口から亀の井バス立命館大学APU・安心院方面行きで38分、明礬下車、徒歩2分
ドライブで 大分自動車道別府ICから約3.6km
駐車場 2台/無料
問い合わせ 別府市温泉課TEL:0977-21-1129
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ