太郎坊・阿賀神社『お田植大祭』|東近江市

太郎坊・阿賀神社『お田植大祭』

毎年5月第3日曜、滋賀県東近江市の太郎坊・阿賀神社で『お田植大祭』が行なわれます。五穀豊穣、産業発展を祈る儀式で、菅笠に手甲(てっこう)、脚絆(きゃはん)を身に着けた早乙女(さおとめ=東近江市内の滋賀学園の中高生が担当)が神田に古式ゆかしく苗を植え付けます。

神饌田に米と餅米を植栽する神事

太郎坊・阿賀神社『お田植大祭』

毎年地域の田植えの時期の終わり頃となる5月の第3日曜に執り行なわれる神事。
五穀豊穣だけでなく、様々な産業、生活の安全と無事、発展を祈る由緒ある祭礼として伝承されています(昭和15年に創始)。
会場となるのは、例年、太郎坊宮参道にある第二鳥居前の神饌田。
神事の後、早乙女たちがお田植え歌とお田植え踊りに合わせて早苗を植えていきます。

植えられた稲は、秋に収穫され普通米は太郎坊宮の神前に御供えする饌米に、餅米は 鏡餅になります。
さらに餅米の藁(わら)は注連縄に使われています。

太郎坊・阿賀神社『お田植大祭』
太郎坊・阿賀神社『お田植大祭』|東近江市
開催日時 毎年5月第3日曜10:30〜
所在地 滋賀県東近江市小脇町2247
場所 太郎坊・阿賀神社御神田
関連HP 太郎坊・阿賀神社公式ホームページ
電車・バスで 近江鉄道太郎坊宮前駅から徒歩20分。または、近江鉄道八日市駅からタクシーで10分
ドライブで 名神高速道路八日市ICから約6.5km
駐車場 40台/無料
問い合わせ 太郎坊・阿賀神社 TEL:0748-23-1341
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
日本三大御田植祭

日本三大御田植祭とは!?

牛の代掻き(しろかき=水を張った田の土を撹拌する作業)、早乙女(さおとめ)による田植えなど、農作業の工程を模擬的に演じ豊作を祈念する神事が『御田植祭』。伊勢神宮、多賀大社などの寺社や皇室の領田などで伝えられる行事で、香取神宮(千葉県香取市)

太郎坊宮『千日大祭』

太郎坊・阿賀神社『千日大祭』|東近江市|2019

2019年7月20日(土)~7月21日(日)、滋賀県東近江市の太郎坊宮(太郎坊・阿賀神社)で『千日大祭』が執り行なわれます。昔から「この千日大祭に参拝すれば、1000日間の参拝と同じご利益を得る」といわれる祭礼。巫女による神楽舞もある特別祈

太郎坊・阿賀神社(太郎坊宮)

太郎坊・阿賀神社(太郎坊宮)

滋賀県東近江市にある太郎坊・阿賀神社は、標高350m、巨岩が露出した赤神山の中腹にあり、「太郎坊宮」の名で親しまれている古社。聖徳太子が箕作山の瓦屋寺(かわらやじ)を建立した際に、阿賀神社に国家安泰を祈願したと伝えられています。最澄も参籠し

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ