日光二荒山神社・本殿

日光二荒山神社・本殿

日光二荒山神社の祭神3柱、大己貴命(おおなむじのみこと)、田心姫命(たごりひめのみこと)、味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)を祀る神殿が本殿。2代将軍・徳川秀忠の発願で、元和5年(1619年)の創建。正保2年(1645年)、諸社堂造営に伴いわずかに移転しています。

日光二社一寺で現存最古の建造物

日光二荒山神社・本殿

彩色、塗装、彫刻などの装飾は元和創建当時の建築様式で、国の重要文化財に指定、そして世界文化遺産「日光の社寺」の構成資産になっています。
世界遺産の構成資産となる現存建造物の中で最古のもので、日光山内で唯一、江戸時代初期の造営(徳川秀忠時代)の姿を残す建築物です。

本殿と拝殿の間には切妻造りの小屋のような「渡殿」が備えられ、日光東照宮の御本社(拝殿・石の間・本殿)や大猷院(たいゆういん)の大猷院廟(拝殿・相の間・本殿)に見ることができる権現造の前身ともいえる八棟造り(やつむねづくり)です。

本殿にもっとも近づけるのが神苑(有料エリア)で、石灯籠の並ぶ横に「神様に一番近い参拝所」という表示があります。

名称 日光二荒山神社・本殿/にっこうふたらさんじんじゃ・ほんでん
所在地 栃木県日光市山内2307-1
関連HP 日光二荒山神社公式ホームページ
電車・バスで JR日光駅・東武日光駅から世界遺産めぐり循環バスで13分、大猷院二荒山神社前下車
ドライブで 日光宇都宮道路日光ICから約3.6km
駐車場 100台/有料
問い合わせ 日光二荒山神社 TEL:0288-54-0535
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
日光二荒山神社

日光二荒山神社

延暦9年(790年)、日光開山の勝道上人(しょうどうしょうにん)が男体山(なんたいざん)に登拝し、本宮(現・本宮神社)を建立したのが始まりという古社、日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)。日光東照社(現・日光東照宮)造営までは日光山

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ