アメリカ軍横田基地専用線

アメリカ軍横田基地専用線

東京都昭島市・福生市、JR五日市線・青梅線・八高線、西武拝島線拝島駅近くから、アメリカ軍の横田基地(Yokota Air Base)へと引き込む専用線が、アメリカ軍横田基地専用線。週2回ほど、ジェット機などの燃料を積載したタンク車(通称「米タン」)などが走行し、踏切などから走行風景を見学できます。

日本の中のアメリカを、航空機燃料輸送列車「米タン」が走る!

アメリカ軍横田基地専用線

JR鶴見線安善駅に隣接する米軍鶴見貯油施設などからタンク車を主とする貨物列車が武蔵野貨物線、南武線、青梅線を走り、拝島駅へ。
拝島駅に到着した貨車は、駅構内でディーゼル機関車に付け替えられて、基地内まで伸びる非電化で単線の専用線(西武拝島線と平面交差)で横田基地内へと運ばれています。
横田基地は横田飛行場を中心とする基地で、ジェット燃料は欠かせないもの。
トランプ、バイデンと2代にわたって訪日した大統領はエアフォースワン(Air Force One)で横田基地入りしたので、離陸前には「米タン」で運ばれたジェット燃料を給油したはずです。

戦前は陸軍航空廠の熊川燃料倉庫(立川飛行場の拡張用地として昭和11年開設)、そして陸軍多摩飛行場(昭和15年開場)だった地で、昭和12年、陸軍が熊川燃料倉庫への引込線(大日本帝国陸軍陸軍航空廠熊川燃料倉庫専用線)を敷設したのが始まり。

線路内は、アメリカ合衆国空軍施設のため立ち入りは禁止なので(線路も横田基地構内の扱い)、踏切を渡る部分(横田1号踏切〜横田6号踏切まで6ヶ所の踏切)で見学することになります。
遮断機や警報機のない第4種踏切もあるので、列車走行の際には注意が必要。

ちなみに、通常は水・木曜を中心に週2回ほどの運行ですが、「国際情勢が緊迫すると燃料の使用量が増え、運転回数が多くなる」とのことで、「米タン」の運行が少ないのは平和の証しということに。

アメリカ軍横田基地専用線
名称 アメリカ軍横田基地専用線/あめりかぐんよこたきちせんようせん
所在地 東京都福生市熊川
電車・バスで JR・西武拝島駅からすぐ
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ