若桜鬼ヶ城

若桜鬼ヶ城

鳥取県八頭郡若桜町(わかさちょう)にある山城が、若桜鬼ヶ城(わかさおにがじょう)。鳥取市にある鳥取城、鹿野城(しかのじょう)とともに因幡三名城に数えられています。標高446.0mの鶴尾山山頂が本丸で、比高は230mほど。国の史跡に指定されるほか、続日本100名城にも選定されています。

本丸からは若桜の町を眼下に

正治2年(1200年)頃、駿河国安倍郡矢部村(現・静岡市清水区矢部町)の地頭、矢部暉種(やべあきたね)が梶原景時一族を討った恩賞で因幡国八東郡山田村外20ヶ村を手に入れ、居館として築城したのが若桜鬼ヶ城。
戦国時代末期まで矢部氏の居城となりますが、天正3年(1575年)、尼子三傑のひとり・山中幸盛(やまなかゆきもり=山中鹿介)の謀略によって落城し、さらに吉川元春(きっかわもとはる)の攻撃を受け、山中幸盛は若桜鬼ヶ城を放棄しています。

羽柴秀吉率いる織田軍の因幡攻めでは、若桜鬼ヶ城が拠点となり、天正9年(1581年)の鳥取城攻めの後、木下重堅(きのしたしげかた)が入城、因幡八東郡と智頭郡の2郡、若桜2万石を領有しています。
木下重堅は、小田原征伐に従軍、文禄の役に出陣し、朝鮮へ渡海するなど豊臣秀吉の配下として活躍。
慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは西軍に与して、最後は天王寺で切腹。

その後、関ヶ原の戦いで東軍に内通していた山崎家盛(やまざきいえもり)が3万石で入封しますが、家盛の子、山崎家治は元和3年(1617年)、備中国成羽に転封し、因幡国全体を、鳥取藩主・池田長幸(いけだながよし)が領有することとなり、元和の一国一城令で廃城に。

北麓のふれあい広場側の登山口から徒歩で登る古城ルートを利用すれば、徒歩30分〜40分で本丸・天守台。
雨後は山道が滑りやすいのでご注意を。
車で三倉集落から林道を使って山上の駐車場まで到達すれば、徒歩15分で本丸・天守台です。
鹿対策の電気柵が設けられているので、注意が必要(ハンドルフックを外して入城)。

地元で産する石材を用いた石垣によって、虎口(こぐち)や天守台が築かれていますが、これは戦国時代以降に築かれたもの。

若桜鬼ヶ城
若桜鬼ヶ城
名称 若桜鬼ヶ城/わかさおにがじょう
所在地 鳥取県八頭郡若桜町三倉
関連HP 若桜町観光協会公式ホームページ
電車・バスで 若桜鉄道若桜駅からタクシーで10分
ドライブで 鳥取自動車道鳥取ICから約31km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 若桜町教育委員会 TEL:0858-82-2213
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

鳥取城跡

天文6年(1545年)、因幡国守護・山名誠通(やまなのぶみち)が千代川を見おろす標高263.0mの久松山(きゅうしょうざん)に築いた城が鳥取城。久松山は花崗岩からなる急峻な山で天然の要害でした。戦国時代には秀吉軍の過酷な兵糧攻めを受けたこと

鹿野城跡公園

因幡の国人領主・志加奴氏(鹿野氏)の居城が鳥取市鹿野町にある鹿野城。1544(天文13)年、因幡に侵入した尼子晴久の攻撃で、落城。1580(天正8)年、羽柴秀吉の鳥取城攻撃の際に織田方になり、亀井茲矩(かめいこれのり)が守り、鹿野藩を立藩し

鳥取県三大名城

鳥取県三大名城とは!?

鳥取県下で日本100名城に選定されるのは、鳥取藩の藩庁だった鳥取城のみ。続日本100名城に選定されるのが、鳥取城とともに因幡の名城とされる若桜鬼ヶ城、そして西伯耆の拠点となった米子城です。以上の3城が鳥取県三大名城といえる城です。鳥取城|日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ