万葉線

万葉線

万葉線(まんようせん)とは富山県高岡市と射水市を結ぶ高岡軌道線(高岡駅停留場〜六渡寺駅)と新湊港線(越ノ潟駅〜六渡寺駅)の総称。高岡軌道線は、いわゆる路面電車で、高岡駅停留場~越ノ潟駅が直通運転されています。アイトラムの愛称があるMLRV1000形電車はヨーロッパ風の路面電車です。

欧風の2連接・超低床電車アイトラムも走る

正式には高岡駅停留場〜六渡寺駅(営業キロ:8.0km)が軌道法による高岡軌道線、六渡寺駅〜越ノ潟駅(営業キロ:4.9km)が鉄道事業法による鉄道。
車両は、直通運転のために路面電車タイプが採用されています。
というわけで、高岡停留場は駅でなく、停留場という名称に。
高岡軌道線は、ほぼ全線が道路上を走る併用軌道(いわゆる路面電車)となっていますが、米島口停留場〜 能町口停留場、中伏木停留場〜六渡寺停留場が専用軌道です。
高岡軌道線は、もともと富山地方鉄道が敷設(昭和23年4月10日開業、昭和26年4月1日全通)。
昭和34年に加越能鉄道(現・加越能バス)に譲渡され、さらに加越能鉄道の営業停止に伴い、第3セクターの万葉線株式会社となり、平成14年4月1日に万葉線高岡軌道線として営業開始。
高岡駅停留場は、高岡駅ステーションビル「Curun TAKAOKA」開業に伴って平成26年3月29日に移転開業したモダンな「新駅」で、アイトラムがよく似合います。

新湊港線は、かつては富山地方鉄道射水線(いみずせん)の一部だったもので、富山新港の掘削により路線が分断され加越能鉄道(現・加越能バス)に譲渡されたもの。
さらに加越能鉄道の営業停止に伴い、第3セクターの万葉線株式会社となり、平成14年4月1日に万葉線新湊港線として営業開始。

終点の越ノ潟駅からは富山県営渡船に連絡しますが、この渡船が富山新港誕生による代行輸送になっているのです。
土・日曜、祝日は地元射水市出身の落語家である立川志の輔の声で車内アナウンスと沿線案内を実施中。
ちなみに「アイトラム」(AI-TRAM)の愛称で呼ばれる万葉線MLRV1000形電車は、2車体連接・2台車方式の超低床電車。
ヨーロッパ風の車両ですが、新潟トランシス(旧新潟鐵工所)の製造。
ただし、基本的な構造、設計はドイツ・AEG(Allgemeine Elektricitäts-Gesellschaft/現在はボンバルディア・トランスポーテーションの一部)の製造する超低床車「ブレーメン形」です(新潟鐵工所がAEGと業務提携して製造)。

名称 万葉線/まんようせん
所在地 富山県高岡市下関町6〜射水市西浜
関連HP 万葉線公式ホームページ
問い合わせ 万葉線 TEL:0766-25-4139 FAX:0766-25-4119
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
富山県営渡船(越ノ潟フェリー)

富山県営渡船(越ノ潟フェリー)

富山県射水市の富山新港(伏木富山港新湊地区)で運航されるのが富山県営渡船(越ノ潟フェリー)。富山新港の完成で、港口が分断され、それによって廃止された富山地方鉄道射水線、富山県道1号(魚津氷見線)の代替交通手段として誕生した県営の渡船です。フ

万葉線高岡軌道線・高岡駅停留場

万葉線高岡軌道線・高岡駅停留場

富山県高岡市と射水市を結ぶ第3セクター・万葉線株式会社が運行する万葉線。高岡軌道線(高岡駅停留場〜六渡寺駅)、新湊港線(六渡寺駅〜越ノ潟駅)の2路線に分かれていますが(実際は直通運転)、軌道(路面電車)部分が万葉線高岡軌道線。JR・あいの風

富山ライトレール

富山ライトレール

平成18年4月29日に開業し、その後、全国的に注目を集めている新型の路面電車が富山ライトレール。バリアフリーの低床車両を導入、高頻度運行などで地域に密着した輸送機関を目指しています。令和2年2月22日には富山地方鉄道に吸収され、3月21日か

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ