清白寺

清白寺

山梨県山梨市にある臨済宗妙心寺派の古刹が、清白寺(せいはくじ)。足利尊氏(あしかがたかうじ)が夢窓疎石(むそうそせき)を開山とし、正慶2年(1333年)に国家安泰、戦勝祈願所として創建した建長寺末の禅寺で、江戸時代に臨済宗妙心寺派に。室町時代築の仏殿は国宝です。

室町時代に建てられた仏殿は、国宝!

応永22年(1415年)建立の仏殿は、唐様(禅宗様)建築の代表的遺構(鎌倉時代に、中国から伝えられた新しい禅宗様で建てられたもの)として国宝。
大正6年の解体修理の際に発見された墨書によって、応永22年築であることが確認され、国宝になっているのです。

仏殿は堂舎の周囲に裳階(もこし)を付けた形式で、屋根は、檜の皮を重ね合わせた桧皮葺き(ひわだぶき)。
2階建てに見えますが、下の屋根は裳階です。
関東で国宝に指定される唐様(禅宗様)の仏殿としては、円覚寺・舎利殿(神奈川県鎌倉市)、正福寺・地蔵堂(東京都東村山市)があります。
鎌倉時代から室町時代は、武家文化の隆盛に伴って、各地に禅宗寺院が建立されていますが、その後の衰退もあって、唐様(禅宗様)の仏殿が残されるのはごくわずかです。

元禄年間(1688年〜1704年)再建の庫裏(くり)は国の重要文化財です。
天和2年(1682年)の火災で、仏殿、庫裏を除く建物は焼失し、三門(鐘楼門)、本堂などはその後の再建。

禅宗様伽藍配置で、山門から正面にある仏殿、法堂が一直線に配列。
参道には梅の古木が並び、夢窓疎石が中国から持ち帰ったと伝えられる「西湖梅」も3月上旬~中旬に開花します。

山梨県内にある国宝建築物は、鎌倉時代の密教系本堂の代表的建物の大善寺・本堂(甲州市勝沼)と清白寺仏殿の2ヶ所のみ。

清白寺
名称 清白寺/せいはくじ
所在地 山梨県山梨市三ケ所620
関連HP 清白寺公式ホームページ
電車・バスで JR東山梨駅から徒歩10分
ドライブで 中央自動車道勝沼ICから約7km
駐車場 50台/無料
問い合わせ 清白寺 TEL:0553-22-0829
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
正福寺・地蔵堂

正福寺・地蔵堂

東京都東村山市、臨済宗建長寺派の寺、正福寺(しょうふくじ)。鎌倉幕府第8代執権・北条時宗(ほうじょうときむね/在職1268年〜1284年)が鷹狩時に病に伏した際、地蔵菩薩が夢枕に立って丸薬を与え、それによって病から回復したことから地蔵堂を建

円覚寺舎利殿

円覚寺・舎利殿

神奈川県鎌倉市、臨済宗円覚寺派の大本山の円覚寺(えんかくじ)。鎌倉五山第二位という名刹ですが、塔頭(たっちゅう=子院)の正続院にある舎利殿は、国宝。鎌倉はもちろん、神奈川県では唯一の国宝建築物です。正続院は、円覚寺を開山した南宋出身の無学祖

大善寺

大善寺

養老2年(718年)、行基創建と伝わる真言宗智山派の古刹が甲州市勝沼町にある大善寺。鎌倉時代築造の檜皮葺きの薬師堂(本堂)は国宝。本尊に祀られた薬師如来が右手にブドウを持っていたことから、甲州種ぶどうの発祥の地とされ、8世紀初頭、仏教伝来と

清白寺仏殿

清白寺仏殿

山梨県山梨市にある臨済宗妙心寺派の寺、清白寺。寺伝によれば、足利尊氏が夢窓疎石を開山として正慶2年(1333年)に創立した名刹。現存する仏殿は、応永22年(1415年)建立で、山梨県内では大善寺本堂(甲州市勝沼)と2ヶ所しかない国宝建築物の

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ