富士山駅

富士山駅

山梨県富士吉田市にある富士急行大月線、河口湖線の駅が富士山駅。昭和4年6月19日に富士山麓電気鉄道の大月駅〜富士吉田駅間の開通に伴って開業し、以降、富士登山、富士五湖観光の拠点となってきました。平成23年7月1日に駅名を富士山駅(商標登録)に改称しています。

歴史的背景があって、スイッチバック駅に

富士山駅

改装デザインは富士急行では「富士登山電車」、「富士山ビュー特急」のデザイン、下吉田駅の改装も手掛けた水戸岡鋭治(みとおかえいじ)。

富士山駅では、大月駅〜河口湖駅が直通運転されているにもかかわらず、大月線と河口湖線が、スイッチバックをしています(進行方向を変えるスイッチバック駅)。
これは、富士急行(富士山麓電気鉄道)が、富士登山の登山者輸送を考えて明治30年代に設立した富士馬車鉄道と都留馬車鉄道による馬車鉄道を前身とするため。
最初の開業は、明治33年9月21日、都留馬車鉄道の下吉田停留場〜籠坂峠停留場(かごさかとうげていりゅうしょ=籠坂峠は、山中湖の南、静岡県との県境の峠)。
籠坂峠では、明治34年12月9日に御殿場馬車鉄道の籠坂停留場〜須走停留場が開通し、東海道線(現在の御殿場線=丹那トンネル開通以前の東海道線)の御殿場駅とを結んでいたのです。

つまり、御殿場〜籠坂峠〜富士吉田がメインのルートで、昭和25年8月24日、富士山麓電気鉄道(昭和35年5月30日に富士急行に改称)の富士吉田駅〜河口湖駅間が開業したので、スイッチバック駅が生まれたのです。

駅ビル「キュースタ」に入っているため、北口本宮浅間神社参道の鳥居をイメージした鳥居が入口部分に配され、扁額部分には駅名が記されています(水戸岡鋭治が北口本宮浅間神社の大鳥居をイメージしてデザイン)。
さらに駅ビル屋上には、富士山を眺めるウッドデッキの「屋上展望広場」も設置。
ホームのベンチなどにも随所に木目調の素材が使われ、水戸岡鋭治らしい、癒やしの空間になっています。

ホームの駅名標には、英語で「Mt.Fuji」と表記され、列車の到着時には、「あたまを雲の 上に出し♫」で有名な文部省唱歌『ふじの山』が流れ、富士登山の雰囲気を盛り上げてくれます。

富士スバルライン五合目行きの富士山登山バス、ハイキングバスは富士山駅が始発です(駅前にバスターミナルがあります)。

富士山駅
名称 富士山駅/ふじさんえき
所在地 山梨県富士吉田市上吉田2-5-1
関連HP 富士急行公式ホームページ
ドライブで 中央自動車道河口湖ICから約2km
問い合わせ 富士急行線富士山駅 TEL:0555-22-7133
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
河口湖駅

河口湖駅

山梨県南都留郡富士河口湖町、富士急行河口湖線の終点、河口湖駅。富士吉田駅(現・富士山駅)〜河口湖駅間の延伸(河口湖線開通)で、昭和25年8月24日に開業。河口湖、西湖、精進湖、本栖湖などの観光、富士登山の拠点駅になっています。標高857mの

下吉田駅

下吉田駅

山梨県富士吉田市にある富士急行大月線の駅が下吉田駅。昭和4年6月19日、富士山麓電気鉄道の駅として開業した際、名古屋駅を模して建てられたもので、平成21年に工業デザイナー・水戸岡鋭治のデザインによるリニューアルが行なわれています。海外からの

大月駅

大月駅

山梨県大月市にあるJR東日本・中央本線と富士急行大月線の乗り換え駅が、大月駅。明治35年10月1日、中央本線の鳥沢駅〜大月駅間の開通で開業した歴史ある駅で、明治36年1月17日、駅前に富士馬車鉄道(後の富士電気軌道、現・富士急行)が乗り入れ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ