群馬県立近代美術館

群馬県立近代美術館

群馬県高崎市、昭和49年、県立公園群馬の森開園と同時に開館した県立の美術館が、群馬県立近代美術館。群馬県ゆかりの作家たちの作品、国内外の近代美術、現代美術、日本と中国の古美術を中心とした戸方庵(こほうあん)井上コレクション、群馬にふさわしい染織作品などを2000点をコレクションとして収集。

国内外の近現代美術と群馬県内作家の作品を展示

群馬県立近代美術館

戸方庵井上コレクションは、故・井上房一郎(いのうえふさいちろう)の寄贈による日本・中国の古美術コレクション。
室町時代の名品『伝蛇足(じゃそく)筆 山水図』、中国・南宋時代の『金大受 羅漢図』という重要文化財2件を含む中国絵画、室町水墨画、江戸諸派、近世禅林絵画、文人画、書など229点で、司馬江漢、谷文晁、葛飾北斎、狩野栄信、長谷川宗宅、尾形乾山などの名作が揃っています。
井上房一郎は、白衣大観音を建設した井上保三郎の長男で、高崎市民オーケストラの結成に尽力するなど、文化芸術活動のパトロンとしても活躍、群馬県美術館建設委員会の会長を務めてもいるのです。
近代美術館ながら古美術の展示も充実しているのは、美術館建設の立役者が井上房一郎だったから。

群馬県立近代美術館の無料ゾーンには、絵本コーナー「えほんの森」があり、美術鑑賞の前後に、カーペットフロアやソファに座って絵本を読むことができます。
「えほんの森」は、ホールにあるので、子供連れならここと、群馬の森の遊具や芝生広場を目的に美術館を訪ねることも可能。
まずは美術館、美術に親しんでもらおうという粋な計らいです。

ミュージアム・ショップ、「森のレストランころむす」も併設。
レストランでは地元産の食材にこだわった料理が味わえる。パスタ、森のきのこカレー、特製プレート、ソースカツ丼などが美味。
米は山形県の鶴岡市にあるレストランの専用田園で採れた「つや姫」と「はえぬき」を使用、古代米は高崎市の吉田農園の黒米を使っています。
アイスクリームは「長坂牧場」、チーズケーキは「ウェルク高崎」と提携というこだわり。

ちなみに、高崎市美術館に併設して旧井上房一郎邸があるので、時間が許せばあわせて高崎市美術館の見学を。

群馬県立近代美術館
名称 群馬県立近代美術館/ぐんまけんりつきんだいびじゅつかん
所在地 群馬県高崎市綿貫町992-1群馬の森公園内
関連HP 群馬県立近代美術館公式ホームページ
電車・バスで JR高崎線倉賀野駅からタクシーで10分。または、JR高崎線高崎駅から市バスで10分、群馬の森下車
ドライブで 関越自動車道高崎玉村スマートICから約3km
駐車場 群馬の森第1駐車場(180台/無料)、群馬の森第2・3・4駐車場(300台/無料)
問い合わせ 群馬県立近代美術館 TEL:027-346-5560/FAX:027-346-4064
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
群馬県立歴史博物館

群馬県立歴史博物館

群馬県高崎市の群馬の森にある県立の歴史ミュージアムが、群馬県立歴史博物館。岩宿遺跡に始まる群馬県の原始時代から近代・現代までを5つの展示室で紹介。令和2年9月に国宝になった「群馬県綿貫観音山古墳出土品」を常時展示する国宝展示室は必見の価値が

群馬の森

群馬の森

群馬県高崎市にある群馬県立の都市公園が、群馬の森。 広大な敷地は、明治15年に黒色火薬の製造を開始した東京砲兵工廠岩鼻火薬製造所の跡地。戦後は日本火薬製造(日本化薬)として火薬製造が行なわれましたが、昭和45年に廃止され、明治百年

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ