神戸船の旅コンチェルト

神戸船の旅コンチェルト

神戸ハーバーランドから出航する豪華クルーズ船が「神戸船の旅コンチェルト」。生演奏を聴きながら食事とクルージングが楽しめる。ランチクルーズ、ティークルーズ、トワイライトクルーズ、ナイトクルーズの4タイプのクルーズがあり、乗船料+食事代という料金設定になっています。須磨沖までの船旅を楽しむことができます。

豪華なクルーザーで神戸港遊覧を楽しむ

全長74m、2138tの「コンチェルト」。
ギリシャの海運王アリストテレス・オナシスが保有する船でもっとも愛した「クリスティーナ号」(愛娘の名前を付けた船)をモチーフに造船した「シルフィード」(讃岐造船鉄工所建造、大阪港と神戸港を結ぶ大阪湾遊覧クルーズ船で、震災復興にも活躍)が前身で、テールの美しさにこだわりがある船。
4層デッキ、9タイプの部屋に分かれ、最上部のAデッキはチーク材が貼られて、晴天時には自由に出入りできます。
「コンチェルト」(協奏曲)という船名は、「社員みんなの協働作業で、お客様に感動をお届けし、幸せになって帰っていただきたい」(阪神・淡路大震災の復興のシンボルにもなった「コンチェルト」事業立ち上げに参画した南部真知子さん)という願いを込めて命名されたもの。

モザイク大観覧車が目印の神戸ハーバーランドのモザイク前の桟橋(高浜旅客ターミナル)を出航し、六甲山の山並み、神戸空港の離発着を眺め、明石海峡大橋手前でUターン。

毎便、ジャズやクラシックなど、ミュージシャンによる生演奏があり、夜は、神戸の夜景とともに、デッキのイルミネーションがムードを盛り上げてくれます。

ランチクルーズ、トワイライトクルーズ、ナイトクルーズでは、フレンチコース、鉄板焼コース、お子様向け(小学生未満)メニューから食事を選択。
ティークルーズでは、デザート&軽食、鉄板焼コース、お子様向け(小学生未満)メニューから選ぶシステムです。

料理はすべてシェフ・料理人による船内調理で、「カップル記念日プラン」、「記念日のお祝いプラン」、「シンデレラプラン(プロポーズプラン)」なども用意されています。

ちなみに、最も手軽なのは、オリジナルケーキセットのティークルーズで、ホテルのラウンジでケーキセットを味わう程度の料金+乗船料で、お洒落なクルーズ気分を満喫できます。

名称 神戸船の旅コンチェルト/こうべふねのたびこんちぇると
所在地 兵庫県神戸市中央区東川崎町1-6-1モザイク1F
関連HP 神戸船の旅コンチェルト公式ホームページ
電車・バスで JR神戸駅から徒歩7分
ドライブで 阪神高速道路神戸線京橋ランプから約2.3kmでモザイクパーキング
駐車場 umieモザイク駐車場(230台)・umie地下駐車場(620台)・モザイク立体駐車場(2000台)/3時間まで(土・日曜、祝日は2時間まで)無料、以降有料
問い合わせ TEL:078‐360‐5600/FAX:078‐360‐5678
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

モザイク(umie MOSAIC)

神戸港に面した神戸ハーバーランドの海と運河に囲まれた大型アミューズメントモールがモザイク。「神戸ハーバーランドumie」の一部で、海側の3階建ての建物に開放型のストリートにショップや味の店などが並んでいます。隣接して、モザイク大観覧車がある

神戸ハーバーランド

神戸港の貿易を支えた国鉄の貨物ターミナルや倉庫のあった場所を再開発して平成4年誕生した商業地が神戸ハーバーランド。複合商業施設の「umie MOSAIC」、観覧車が回る神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール、大型商業施設「神戸ハーバーラ

神戸ベイクルーズ

神戸ベイクルーズ

神戸港中突堤中央ターミナルの1番乗り場・2番乗り場から出航する神戸港観光周遊船が神戸ベイクルーズ(両備グループの観光船)。帆船型遊覧船の「オーシャンプリンス」(170t)、双胴船型遊覧船「ロイヤルプリンセス」(414t)で、神戸港から大阪湾

日本三大美港

日本三大美港とは!?

シドニー港、リオデジャネイロ港、ナポリ港が「世界三大美港」の通説ですが、日本三大美港は、夜景の美しさでも知られる神戸港、長崎港、そしてもうひとつが清水港です。横浜港が外れるのは不思議ですが、清水港は明治32年に国際貿易港となり、アメリカへの

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ