井上さんのルーツを探せ!

井上さんの苗字は「いのうえ」と井と上の間にわざわざ「の」を付けて呼ぶのだろう?
井川さんも井原さん、そして井村さんも「の」が入らないのに奇妙な感じがしないでもない。
かつて、井戸というものは重要な生活拠点だった。これを管理する職業の人が「井氏」。さらに、井戸の上手の場所に住む井上地区、井戸の下手の井下地区という地名から、それぞれの苗字が生まれたのである。
最初の答えであるなぜ「の」が入るのかは、井上から仮に「の」を取ってしまうと、「いうえ」になって、「あいうえお」と同じようになってしまうためと推測できる。
井上さん、おわかり頂けたかな?

井上さんには有名人が多い

井上姓には有名人が多く、しかも本名を通したり、本名に戻して活躍など、有名になるパワーをもつ姓なのかも知れない。
有名な作家の井上靖は、北海道旭川の生まれだが、ルーツは天城湯ヶ島町。
井上陽水も本名で(読みは「いのうえあきみ」)、福岡県嘉穂郡幸袋町(現・飯塚市幸袋地区)出身。女優の井上真央は横浜市、声優の井上和彦も横浜、タレントの井上順は東京の渋谷、お笑いコンビ「NON STYLE」(ノンスタイル)の井上裕介は大阪市、次長課長の井上聡(いのうえさとし)は岡山市。

ちなみに世の中には井下さんもちゃんといて、吉本所属のお笑いコンビ「井下好井」(いのしたよしい)の井下昌城(いのしたまさき)は大阪出身。
井戸の下に住んだ一族より、井戸の上の一族の末裔の方が数が多い理由は不明だ。

井上姓は西日本に広く分布し、とくに兵庫、福岡両県では大姓の3位、京都は4位、大阪、奈良、高知では6位となっている。
井上陽水が福岡出身だったり、井上裕介が大阪生まれなのはそんな背景もあるわけなのだ。

井上さんのルーツは信州須坂に

各地の井上という地名から井上姓が発祥するのだが、井上姓のルーツといえそうな有力な候補地が信濃国高井郡井上(長野県須坂市井上=長野自動車道須坂長野東IC周辺)から起こった清和源氏頼季(よりすえ)流の井上氏がいる。
平安時代後期、平忠常の乱を平定した源頼信は、三男の源頼季(みなもとのよりすえ)を信濃国井上に置く
この子孫が井上氏を称して、いわゆる信濃源氏として勢力を伸ばしていった。
「源平の戦い」で知られる治承・寿永の乱(じしょう・じゅえいのらん=平家の滅亡までの一連の戦乱)では北信濃の源氏方として平家方と戦いを繰り広げ、やがて、その子孫は信濃から甲斐・武蔵・越後・上総・遠江・播磨・安芸にと勢力を拡げていった。

須坂市井上に残る井上城跡(竹ノ城跡)を訪れてみよう。
井上城は、中世に築城され井上氏の居城となったが、戦国時代に武田氏と反目して上杉方となり、慶長3年(1598)の上杉景勝の会津移封で廃城となった。その時、井上一族も上杉氏の臣下として会津に移っている。
この井上氏は、須田、高梨、村山、仁礼氏の総本家。
井上城跡は大洞山から尾根筋の末端に築かれた山城。北麓にある井上氏居館は、前面に大城・小城を、東方に竹ノ城を馬蹄形に配する扇の要の位置にあり、一丁四方の方形で周囲に水堀を巡らしていたとか。
山麓の井上山無量寿院浄運寺(長野県でいちばん古い浄土宗の寺)から城跡への登山道が通じているが、その土塁と曲輪、壕跡がわずかに残り井上氏の栄華を今に伝えている。
須坂市大字井上字土栗2916(井上の土栗集落/つちくり)には鎌倉時代〜室町時代の五輪塔や宝篋印塔が集められた井上氏墳墓も残されている。
以前は周辺に広がっていたものを明治維新前後にこの場所に集めたもので、墳墓は井上氏の誰なのかは不明だ。
頼季流の井上氏は承久の乱で京方に属して西国に移った者もいた。
そして頼季流井上氏は、播磨・丹波・備前・美作に多く見られるのだ。

井上馨も頼季流の井上氏

各地に広がった清和源氏頼季流の井上氏のうち、とくに播磨国(兵庫県)と安芸国(広島県)に住みついた一族は有名だ。
播磨の井上氏は戦国時代に池田氏に従い、のちに外記(げき)流と呼ばれた井上流砲術を開いた。
南北朝時代に安芸に移った井上氏は武勇の誉も高く、やがて毛利家の紋の着用を許されるほどの重臣となり以後、一族大いに広まったという。
この子孫に明治の元勲井上馨(トップの画像)がいる。
毛利家家臣の井上家の出である井上馨は、周防国湯田村(現・山口県山口市湯田温泉)の出身。
鹿鳴館を築いて不平等条約の改正に尽力したあの井上馨である(ピンとこない人は高校の教科書の再読を)。
毛利氏初期からの重臣、井上氏(本家)の代々の居城、天神山城(広島県安芸高田市吉田町竹原)は安芸井上氏のルーツとなっている。
長尾神社(八幡宮)が登城口になっている。

ほかに、浜松藩主井上氏、日出(ひじ)藩家老井上氏、また、平家の落武者の子孫という日向の井上氏は井ノ城を構えていたという。

有名な井上城は、愛知県岩倉市井上町に井上城。徳島県吉野川市山川町井上に阿波の井上城、宮崎県延岡市古城町に日向の井上城。
いずれも城主は井上さんではないので、念のため。

神社としては大阪府和泉市には泉井上神社があり、奈良市井上町に井上神社がある。奈良の井上神社の祭神は井上内親王。
白壁王(光仁天皇)の妃だが、光仁天皇を呪詛したとして皇后を廃され、大和国宇智郡(現在の奈良県五條市)に幽閉され、薨去。
まあ、韓国の歴史ドラマを彷彿させるドロドロとした宮中の権力闘争だが、どうやら最後は暗殺されている。

井上氏の代表家紋は井戸に関係する井桁、井桁に木瓜、井筒などと、違い鷹の羽、雁金、九曜、五七桐、撫子、三つ巴、大名家は八つ鷹の羽車(井上鷹の羽車)など。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ