せんだん轟の滝

せんだん轟の滝

熊本県八代市泉町を流れる小原川に架かる落差70m、幅10mの巨瀑がせんだん轟の滝で、「日本の滝百選」に選定。五家荘(ごかのしょう)では滝のことを「轟」(とどろ)と呼び、昔は滝の周辺に栴檀(せんだん)の大木が多数あったのがその名の由来なったもので、地元では栴檀轟(せんだんとどろ)と呼んでいます。

秘境・五家荘を流れる小原川に架かる大瀑布

熊本県道52号(小川泉線)沿いにある駐車場からせんだん轟吊り橋までの遊歩道(九州自然歩道の一部)を使えば途中で滝壺近くまで降りることができます。
熊本県道52号(小川泉線)沿いに展望所もありますが、駐車スペースがないため、駐車場からの徒歩での探勝がおすすめです。

滝の上流に、江戸時代の文献『五箇荘紀行』内藤子興の「釣橋之図」を参考に設計された橋長38mのせんだん轟吊り橋も架かっています。

地質的にはチャート層の断崖で、柔らかい砂岩や粘板岩が浸食されチャート層が崖となって残ったもの。

紅葉の見頃は例年11月上旬〜11月中旬で、見頃の日曜、祝日には交通規制(泉町一帯が一方通行に)も実施されます。

名称 せんだん轟の滝/せんだんとどろのたき
所在地 熊本県八代市泉町柿迫
関連HP 八代市公式ホームページ
ドライブで 九州自動車道松橋ICから約45km
駐車場 60台/無料
問い合わせ 八代市泉支所地域振興課 TEL:0965-67-2730
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
鹿目の滝

鹿目の滝

熊本県人吉市を流れる球磨川の支流、鹿目川の上流に架かる雄滝、雌滝、平滝3つの滝の総称が鹿目の滝(かなめのたき)。「日本の滝百選」にも選定される名瀑です。落差36mの勇壮な雄滝は、180万年前の肥薩火山群(国見山地)の火山活動によってできた安

数鹿流ヶ滝

数鹿流ヶ滝

熊本県南阿蘇村を走る国道57号沿いにある落差60m、幅20mの巨瀑で、日本の滝百選にも選ばれている名瀑が数鹿流ヶ滝(すがるがたき)。阿蘇大橋からも眺めることができますが、国道57号沿いの駐車場から徒歩5分で観瀑台。平安時代末、阿蘇大宮司の巻

四十三万滝

四十三万滝

菊池市の菊池渓谷にある滝で「日本の滝百選」にも選定されているのが四十三万滝。環境省の「名水百選」に選ばれた菊池水源は菊池川の源流ですが、湧き出した水は阿蘇外輪山の外側斜面を急流となって流れ下っています。四十三万滝の落差は10mほどとさほどで

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ