豊国廟

豊国廟

京都府京都市東山区、阿弥陀ヶ峰(あみだがみね)の山頂にある豊臣秀吉の霊廟が豊国廟。豊臣秀吉を祀る豊国廟と豊国社は、徳川家康によって破壊されましたが、明治13年に修築が始まり、明治30年に阿弥陀ヶ峰の山頂に橿原神宮、平安神宮を手掛けた伊東忠太設計による五輪塔が立てられています。

豊国大明神の神号で祀られた豊臣秀吉の廟

豊臣秀吉は有名な醍醐寺での醍醐の花見(だいごのはなみ)の後に病に伏せるようになり、自身を八幡大菩薩(八幡神)として祀ること、遺体を焼かずに土葬することなどを遺言し、慶長3年8月18日(1598年9月18日)、伏見城で没しています。
阿弥陀ヶ峰の麓に神仏習合の八幡大菩薩堂が建設され、慶長4年4月13日(1599年6月5日)、伏見城から遺骸が運ばれ阿弥陀ヶ峰山頂に埋葬されています。
朝廷から遺言の八幡神ではなく(平安時代頃に八幡神は応神天皇と同一視されるようになり、皇祖神ということで避けたのかもしれません)、豊国大明神(とよくにだいみょうじん)の神号が与えられたことから、直後に八幡大菩薩堂から豊国神社(とよくにじんじゃ)に改称。
豊国大明神の宣命には「兵威を異域の水に振い恩沢を率土の間に施す(外国に武力を振るい恩恵を天下に施す)」とあり、朝鮮出兵を肯定的に捉える朝廷の姿勢を見ることができます。

豊臣家が滅亡した直後の元和元年8月18日(1615年10月10日)に、徳川家康は、後水尾天皇の勅許を得て豊国大明神の神号を剥奪し、国泰院俊山雲龍大居士(こくたいいんしゅんざんうんりゅうだいこじ)という仏教の戒名に与え、秀吉の霊を方広寺大仏殿裏手(現・豊国神社宝物館裏手の馬塚)の五輪塔に祀っています(江戸時代初期に記された『雍州府志』によれば、秀吉の遺骸は阿弥陀ヶ峰山頂に埋葬されたまま)。

慶応4年(1868年)、明治天皇の大阪行幸の際、「皇威を海外に宣べ、数百年経ってもなお寒心させる、国家に大勲功ある今古に超越するもの」と、豊臣秀吉を尊王の功臣と賞賛し、豊国神社の再興を布告する沙汰書が下され、豊国神社が再建されたのです。

日清戦争直後という世相を反映し、明治30年、阿弥陀ヶ峰山頂に伊東忠太の設計になる巨大な石造五輪塔が建立され(工事の際、素焼きの壺に入った遺骸が発見されています)、「兵威を異域の水に振い恩沢を率土の間に施す(外国に武力を振るい恩恵を天下に施す)」という豊国大明神の宣命が再度持ち出され、明治31年、『豊太閤三百年祭』が大々的に挙行されています。

京の街を一望できる戦略の要衝、阿弥陀ヶ峰の山頂の豊国廟へは、565段の石段を上ります。
阿弥陀ヶ峰は、天平年間(729年〜749年)、行基が阿弥陀如来を安置したと伝わる霊山で、東山三十六峰のひとつ。
阿弥陀ヶ峰の山麓は、平安時代以来、鳥辺野(とりべの)と呼ばれる葬送の地で、藤原道長が火葬された地。
京都の三大墳墓地(東の鳥辺野、西の化野、北の蓮台野)のひとつにも数えられています。

なお、豊国廟は豊国神社の境外社扱いで、「豊公登拝」の御朱印を豊国神社でもらうことができます(秀吉の月命日である毎月18日には、金色の桐紋が押された御朱印を授与)。

豊国廟
名称 豊国廟/ほうこくびょう
所在地 京都府東山区今熊野阿弥陀ケ峯町
関連HP 京都市観光協会公式ホームページ
電車・バスで 京阪七条駅から徒歩30分
ドライブで 名神高速道路京都東ICから約7km
駐車場 80台/有料
問い合わせ 豊国神社 TEL:075-561-3802/FAX:075-531-1643
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

豊国神社

京都の東山にある豊国神社(とよくにじんじゃ)。「ほうこく」とも「とよくに」とも呼ばれ、祭神は豊臣秀吉。京は秀吉が大名として統治した場所。秀吉は死後、遺言により東山阿弥陀ヶ峰に葬られ、方広寺の鎮守社である豊國社に祀られましたが、往時の建物は大

方広寺

1586(天正14)年、豊臣秀吉により京都・東山に創建された天台宗の寺、方広寺。豊臣秀吉が奈良の東大寺にならって大仏建立を志して造営したもの。1595(文禄4)年、大仏殿が完成し高さ6丈(18m)の廬舎那仏(るしゃなぶつ)を安置します。梵鐘

有名武将の終焉の地&墓所

大河ドラマの主人公、有名武将の終焉の地&墓所

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三英傑を筆頭に、武田信玄、上杉謙信、伊達政宗、明智光秀、前田利家、山内一豊、徳川秀忠、源頼朝というNHK大河ドラマの主人公となった11人の有名武将、そしてその候補となる2人(石田三成、加藤清正)の合計13人の終

三英傑

三英傑とは!?

戦国時代、天下統一へと導いた織田信長、豊臣秀吉、徳川家康は、ともに愛知県出身で、名古屋ゆかりということで、地元・名古屋を中心に三英傑(さんえいけつ)と呼ばれています。そのうち、信長、秀吉は尾張国(愛知県西部)、家康は岡崎で三河国(愛知県東部

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ