奥只見スロープカー

奥只見スロープカー

新潟県魚沼市、奥只見ダムのダム下の駐車場とダムサイト(ダム広場)を結ぶ乗り物が奥只見スロープカー。標高差50mを、片道約4分で結んでいます(定員40名、車イス利用可/有料)。一見すると小型のケーブルカーのようですが、実は鉄道の一種、索道(ケーブルカー、ロープウェイ)ではなく、エレベーターの仲間です。

奥只見遊覧船にも連絡

ダム工事の物資運搬にも活躍するスロープカーですが、嘉穂製作所が開発・製作している跨座式のモノレール車両で登録商標(日本の法律上はエレベーターに分類)。
レールと車体に取り付けられた歯車の組み合わせで、最大斜度45度の急坂をも克服します。

奥只見スロープカーは、20人乗りの2両編成。
毎分75mの速度で20度50分の最大勾配を上ります。

北九州市の皿倉山スロープカー、東京都北区の飛鳥山公園あすかパークレール「アスカルゴ」など全国数十ヶ所で活躍しています。

奥只見遊覧船(尾瀬口コース、銀山平コース、周遊コース)が発着する奥只見乗船場への移動も、この奥只見スロープカーを使えば楽ちんです。
ボデイカラーは、自然に溶け込むようにとモリアオガエルグリーンに。

名称 奥只見スロープカー/おくただみすろーぷかー
所在地 新潟県魚沼市湯之谷芋川
関連HP 奥只見観光株式会社公式ホームページ
電車・バスで JR浦佐駅から南越後観光バス奥只見行きで1時間15分、終点下車
ドライブで 関越自動車道小出ICから約30km
駐車場 奥只見市営駐車場(無料)
問い合わせ TEL:025-795-2480
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
奥只見ダム

奥只見ダム

新潟県魚沼市と県南会津郡檜枝岐村にまたがり、只見川(阿賀野川水系)最上流部に、只見川電源開発計画で昭和35年に完成した重力式コンクリートダムが奥只見ダム。完成から時を経ていますが、堤高157.0mは、重力式コンクリートダムでは日本一の高さを

奥只見湖遊覧船

奥只見湖遊覧船

尾瀬への入口にもあたる奥只見ダムのダムサイト(奥只見遊覧船乗り場)から奥只見周遊コース、銀山平コース(奥只見〜銀山平/所要40分/不定期航路・利用日の1週間前まで、10名以上で奥只見観光に要予約、紅葉シーズンは定期運行)、尾瀬口コース(奥只

日本の巨大ダム

日本の巨大ダム(堤高) ベスト10

ダムの大きさを測る物差しとしてもっともシンプルなのが堤高(ていこう)。つまりはダムの堰堤の高さです。基礎地盤からダムの一番上までの高さなので、下から見上げたときの迫力などに反映されるのもこの堤高。アーチダム、ロックフィルダム、重力式コンクリ

日本の巨大ダム(総貯水容量)

日本の巨大ダム(総貯水容量) ベスト10

ダムの大きさは堤高でも表現しますが、その機能を考えると総貯水容量も大切。水がめの役割は、発電だけでなく、上水道、工業用水、農業用水、さらには洪水防止と多目的に活用されているのです。さらに加えて、湖上遊覧など観光スポットになっている場合も。そ

日本の巨大ダム(湛水面積)

日本の巨大ダム(湛水面積) ベスト10

ダムの規模を測る物差しは、堤高(ていこう)、総貯水容量、湛水面積の3つがメインですが、目で見てはっきりとわかるダムの雄大さは、やはり湛水面積です。湖の広がりなどから大きなダム湖は自然湖のようです。中禅寺湖も自然湖に中禅寺ダムで補強したもので

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ