日本の巨大ダム(堤高) ベスト10

日本の巨大ダム

ダムの大きさを測る物差しとしてもっともシンプルなのが堤高(ていこう)。つまりはダムの堰堤の高さです。基礎地盤からダムの一番上までの高さなので、下から見上げたときの迫力などに反映されるのもこの堤高。アーチダム、ロックフィルダム、重力式コンクリートダムなど、形式は様々ですが、堤高のベスト10を紹介します。

1位 黒部ダム

堤高:186.0m
所在地:富山県中新川郡立山町芦峅寺6
水系・河川:黒部川水系・黒部川
形式:アーチダム
完成年:昭和36年
管理者:関西電力
ダム湖:黒部湖(ダム湖百選)
備考:映画『黒部の太陽』のモデルとなったダム、総貯水容量は全国17位、扇沢から関電トンネルバスでアクセス(立山黒部アルペンルート)

黒部ダム(黒四ダム)

黒部ダム(黒四ダム)

黒部ダムは、戦後日本の電力不足を補うために昭和31年から7年の歳月をかけ完成した関西電力のアーチ式ダム。黒四ダムと通称されるのは、黒部川第四発電所から。とくにダム建設のために大町とダムサイトを結ぶトンネル工事は破砕帯(はさいたい)と呼ばれる

2位 高瀬ダム

堤高:176.0m
所在地:長野県大町市平
水系・河川:信濃川水系・高瀬川
形式:ロックフィルダム
完成年:昭和54年
管理者:東京電力
ダム湖:高瀬湖(ダム湖百選)
備考:日本一巨大なロックフィルダム、七倉ダムから特定タクシーでアクセス

高瀬ダム

高瀬ダム

長野県大町市、北アルプス・槍ヶ岳を源にする高瀬川(信濃川、犀川の最上流部の河川名)に連なる3つの巨大なダムのうち、最奥に位置する発電用ダム(東京電力管理)が高瀬ダム。堤高176.0mは、黒部ダム(富山県/黒部川)に次いで日本第2位の高さで、

第3位 徳山ダム

堤高:161.0m
所在地:岐阜県揖斐郡揖斐川町開田
水系・河川:木曽川水系・揖斐川
形式:ロックフィルダム
完成年:平成20年
管理者:水資源機構
ダム湖:徳山湖
備考:総貯水容量は日本一、湛水面積は日本3位の巨大ダム、東海3県の水がめ

徳山ダム(徳山湖)

徳山ダム(徳山湖)

岐阜県揖斐郡揖斐川町(いびがわちょう)の揖斐川上流部に建設された巨大なロックフィルダム(堤高161m)が徳山ダム。ダム建設に伴って、徳山村の全村が水没し、ダムの必要性と公共性のバランスが問われることになりました。ダム湖の徳山湖は、総貯水容量

第4位 奈良俣ダム

堤高:158.0m
所在地:群馬県利根郡みなかみ町藤原
水系・河川:利根川水系・楢俣川
形式:ロックフィルダム
完成年:平成3年
管理者:水資源機構
ダム湖:ならまた湖(ダム湖百選)
備考:首都圏の水がめとして機能する利根川水系8ダムのひとつ

奈良俣ダム

奈良俣ダム・ならまた湖

群馬県みなかみ町藤原、利根川支川の楢俣川(ならまたがわ)に建設された堤頂高158m、堤頂長520mのロックフィルダム(多目的ダム)が奈良俣ダム。ダム湖のならまた湖は、ダム湖百選に選定されています。首都圏の水がめとしての機能を有する利根川水系

第5位 奥只見ダム

堤高:157.0m
所在地:新潟県魚沼市・福島県南会津郡檜枝岐村
水系・河川:阿賀野川水系・只見川
形式:重力式コンクリートダム
完成年:昭和35年
管理者:電源開発
ダム湖:奥只見湖(ダム湖百選)
備考:日本一高い重力式コンクリートダム、奥只見湖の総貯水容量は日本2位、湛水面積日本3位

奥只見ダム

奥只見ダム

新潟県魚沼市と県南会津郡檜枝岐村にまたがり、只見川(阿賀野川水系)最上流部に、只見川電源開発計画で昭和35年に完成した重力式コンクリートダムが奥只見ダム。完成から時を経ていますが、堤高157.0mは、重力式コンクリートダムでは日本一の高さを

奥只見湖(銀山湖)

奥只見湖(銀山湖)

奥只見シルバーライン(新潟県道50号小出奥只見線)の終点、奥只見ダムのダム湖が奥只見湖。正式名は、銀山湖ですが、奥只見湖と通称されています。標高750mに位置し、昭和35年、只見川をせき止めて建設された奥只見ダムのダム湖で、周囲の山々から豊

奥只見スロープカー

奥只見スロープカー

新潟県魚沼市、奥只見ダムのダム下の駐車場とダムサイト(ダム広場)を結ぶ乗り物が奥只見スロープカー。標高差50mを、片道約4分で結んでいます(定員40名、車イス利用可/有料)。一見すると小型のケーブルカーのようですが、実は鉄道の一種、索道(ケ

第6位 浦山ダム

堤高:156.0m
所在地:埼玉県秩父市荒川久那4041
水系・河川:荒川水系・浦山川
形式:重力式コンクリートダム
完成年:平成10年
管理者:水資源機構
ダム湖:秩父さくら湖
備考:重力式コンクリートダムとしては全国2位、関東第2位の堤高を誇る多目的ダム。ダム近くには、橋立鍾乳洞、秩父札所28番・石龍山橋立堂も

秩父さくら湖(浦山ダム)

秩父さくら湖(浦山ダム)

埼玉県秩父市を流れる荒川水系浦山川に平成10年に完成した巨大なダムが浦山ダム。昭和36年、荒川本川に荒川水系最初の二瀬ダムが完成しましたが、洪水被害はなくならず、堤高156.0mという巨大な重力式コンクリートダムが建設されたもの。ダム湖は秩

第6位 宮ヶ瀬ダム

堤高:156.0m
所在地:神奈川県相模原市緑区青山2145−50
水系・河川:相模川水系・中津川
形式:重力式コンクリートダム
完成年:平成12年
管理者:国土交通省
ダム湖:宮ヶ瀬湖(ダム湖百選)
備考:工事の際にダンプカーをそのまま乗せたインクライン(ケーブルカー)を転用した宮ヶ瀬ダムインクラインも運転

宮ヶ瀬ダム

宮ヶ瀬ダム

相模川水系中津川に建設された堤高156.0mの重力式コンクリートダムが宮ヶ瀬ダムで、平成12年に完成した東京近郊では最大のダム。関東地方では奈良俣ダム(楢俣川/堤高158.0m)に次ぐ高さで浦山ダム(浦山川・堤高156.0m)と並びナンバー

宮ヶ瀬湖

宮ヶ瀬湖

東丹沢を流れる中津川に平成12年に完成した宮ヶ瀬ダムのダム湖が宮ヶ瀬湖。神奈川県愛川町、清川村、相模原市緑区の3市町村にまたがる湖で、「ダム湖百選」にも選定されています(神奈川県ではほかに丹沢湖が選定)。「都心から一番近いオアシス」がキャッ

宮ヶ瀬ダムインクライン

宮ヶ瀬ダムのダム建設工事中に活躍したダンプトラック搭載型インクライン(ダンプを運ぶケーブルカー)の一部を活用し、宮ヶ瀬ダムのダムサイトに設置されたケーブルカー。ダム完成後は山麓停車場〜山頂停車場間を結ぶケーブルカーとして運転されています。ダ

第6位 温井ダム

堤高:156.0m
所在地:広島県山県郡安芸太田町大字加計1956
水系・河川:太田川水系・滝山川
形式:アーチダム
完成年:平成13年
管理者:国土交通省
ダム湖:龍姫湖(ダム湖百選)
備考:見学者用エレベーターで120m下れば、ダム内部を巡視するための監査廊(見学トンネル)に立ち入ることも可能

温井ダム(龍姫湖)

温井ダム(龍姫湖)

広島県山県郡安芸太田町(あきおおたちょう)にある滝山川(太田川水系)に平成13年に建設された堤高156mという巨大なアーチ式コンクリートダムが温井ダム(ぬくいだむ)。太田川の治水、広島市などへの利水を目的とした多目的ダムで、ダム湖は龍姫湖(

第9位 佐久間ダム

堤高:155.5m
所在地:静岡県浜松市天竜区佐久間町・愛知県北設楽郡豊根村
水系・河川:天竜川水系・天竜川
形式:重力式コンクリートダム
完成年:昭和31年
管理者:電源開発
ダム湖:佐久間湖(ダム湖百選)
備考:日本の土木史において「金字塔」と称えられるダム

佐久間ダム(佐久間湖)

佐久間ダム(佐久間湖)

静岡県浜松市天竜区佐久間町と愛知県北設楽郡豊根村の境界を流れる天竜川に、電力供給を目的に、昭和31年に完成した巨大なダムが佐久間ダム。高度成長期に、バンク・オブ・アメリカから総額900万ドルの借款を得て、建設費に充当。その後の大規模ダム建設

第10位 奈川渡ダム

堤高:155.0m
所在地:長野県松本市安曇奈川渡・奈川入山
水系・河川:信濃川水系・犀川(梓川)
形式:アーチダム
完成年:昭和44年
管理者:東京電力
ダム湖:梓湖
備考:水殿ダム(みどのだむ)、稲核ダム(いねこきだむ)とともに安曇3ダム(梓川3ダム)を形成

奈川渡ダム(梓湖)

奈川渡ダム(梓湖)

長野県松本市、北アルプスの鋭鋒・槍ヶ岳を源にする梓川(あずさがわ)にある堤高155.0mのアーチ式コンクリートダムが奈川渡ダム(ながわどだむ)。下流の水殿ダム(みどのだむ)、稲核ダム(いねこきだむ)とともに安曇3ダム(梓川3ダム)を形成。奈

掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
日本の巨大ダム(総貯水容量)

日本の巨大ダム(総貯水容量) ベスト10

ダムの大きさは堤高でも表現しますが、その機能を考えると総貯水容量も大切。水がめの役割は、発電だけでなく、上水道、工業用水、農業用水、さらには洪水防止と多目的に活用されているのです。さらに加えて、湖上遊覧など観光スポットになっている場合も。そ

日本の巨大ダム(湛水面積)

日本の巨大ダム(湛水面積) ベスト10

ダムの規模を測る物差しは、堤高(ていこう)、総貯水容量、湛水面積の3つがメインですが、目で見てはっきりとわかるダムの雄大さは、やはり湛水面積です。湖の広がりなどから大きなダム湖は自然湖のようです。中禅寺湖も自然湖に中禅寺ダムで補強したもので

アーチダム ベスト3

アーチダム ベスト3

黒部ダムなどでおなじみのアーチダム。正しくはアーチ式コンクリートダム(Concrete Arch Dam)で、コンクリートの量を節約できますが、ダムに掛かる水圧をアーチにより両側の岩盤に分散させる必要があるため、両岸に強固な岩盤が必要となり

ロックフィルダム ベスト3

ロックフィルダム ベスト3

中心部の粘土質のコア材(遮水壁)を入れ、岩石や土砂を積み上げて建設するダムが、ロックフィルダム(Rockfill dam)。地盤の問題でコンクリートダムが建設できない場所に築かれるダムです。ダム本体の体積では日本のトップスリーはすべてロック

重力式コンクリートダム ベスト3

重力式コンクリートダム ベスト3

ダムの中でももっとのポピュラーな形式が重力式コンクリートダム(concrete gravity dam) 。重力式ダムと略されるように、ダム堤体の自重でダム湖の水圧に耐えるスタイルのダムです。そのためには花崗岩や安山岩などの固い岩盤が必要。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ