石見銀山資料館

石見銀山資料館

戦国時代から江戸時代にかけて日本一の銀山として栄えた石見銀山(いわみぎんざん)。平成19年7月には世界文化遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」に登録されましたが、銀山を治めた大森代官所跡に建つのが石見銀山資料館。建物は明治35年に建てられた邇摩郡役所(にまぐんやくしょ)を再生したもの。

石見銀山全盛時代へタイムスリップする入口

石見銀山資料館

歴史コーナーでは、江戸幕府の石見銀山支配の諸政策、鉱山コーナーでは銀の採鉱から製錬に至る生産過程や、鉱山の経営や技術について詳しく解説しています。
石見銀山の最盛期には20万人もの人々が暮らしていましたが、文化コーナーでは、人々の暮らしや文化、信仰を紹介。
鉱物コーナーでは、石見銀山で採取された銀鉱石、銅鉱石などを展示しています。

大森の町は古地図など往時の史料と現在がほぼ同じという「絵図にあるものがそのまま実在する町」。
石見銀山資料館を訪れれば、江戸時代、鉱山に働いた人々の暮らしぶりをイメージすることができるのです。

ちなみに大森代官所跡(国の史跡)は、世界文化遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の構成資産になっています。
大森代官所が時代の建物は門番詰所や仮牢などに使用されていた文化12年(1815年)築の門長屋が現存しています。
枯山水庭園は、代官所時代からの庭園。
庭には、一揆などが起こった場合の代官の逃げ道と伝えられる「抜け穴」が2ヶ所も設けられています。
ひとつは隣の城上神社に、もうひとつは裏手の勝源寺に通じているのだとか。

石見銀山資料館は、昭和28年から私立大森保育園として使われ、老朽化によって解体される予定だったものを、地元有志(大森観光開発協会)が大田市から譲渡を受け、昭和51年に開館した、民間の熱意にあふれるミュージアム。
石見銀山では最初に生まれた博物館で、開館にあたっては資料の寄贈や調査の依頼が多く、石見銀山の史料が散逸するのを防ぐ役割をも果たしてきました(ミュージアムショップで資料集などを販売しています)。

石見銀山資料館
名称 石見銀山資料館/いわみぎんざんしりょうかん
所在地 島根県大田市大森町ハ51-1
関連HP 石見銀山資料館公式ホームページ
電車・バスで JR大田市駅から石見交通バス川本線(世界遺産センター行き・大森行き)で26分、大森代官所跡下車
ドライブで 山陰自動車道(仁摩温泉津道路)仁摩・石見銀山ICから約7.8kmで世界遺産センター
駐車場 交通規制のため世界遺産センター駐車場(石見銀山駐車場400台/無料)を利用し、路線バスで大森バス停へ
問い合わせ 石見銀山資料館 TEL:0854-89-0846/FAX:0854-89-0159
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
大田市大森銀山伝統的建造物群保存地区

大田市大森銀山伝統的建造物群保存地区

戦国時代後期から江戸時代前期に最盛期を迎えた石見銀山(いわみぎんざん)。「石見銀山遺跡とその文化的景観」として平成19年7月には世界文化遺産にも登録されていますが、その中心となった鉱山町が大森町。石見銀山は大森銀山とも呼ばれ、大森銀山地区の

世界文化遺産・石見銀山大森ゾーン

世界文化遺産・石見銀山大森ゾーン

世界文化遺産に指定された核心部、島根県大田市の大森町には採掘現場で鉱山町だった銀山ゾーンと政治・経済的な中心だった大森ゾーンとがあり、大森ゾーンの町並みは江戸時代、2代目奉行・竹村丹後守(たけむらたんごのかみ)が代官所を設けたのが始まり。伝

熊谷家住宅

熊谷家住宅

島根県大田市、世界文化遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」に登録された石見銀山の大森ゾーン、大森代官所跡近くにある大森銀山地区最大の商家建築が熊谷家住宅。現存する建物は寛政12年(1800年)の寛政の大火後の再建で、部屋数が34もある総漆喰

羅漢寺

羅漢寺

平成19年7月に世界文化遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」に登録された石見銀山の大森ゾーン(島根県大田市)で、明和3年(1766年)に創建された寺が羅漢寺。石見銀山の坑夫の霊を供養するために、江戸城大奥の女中などの寄進を受け、25年の歳月

龍源寺間歩

龍源寺間歩

平成19年7月に世界文化遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」に指定された石見銀山(島根県大田市)。銀を掘るために掘った坑道を間歩(まぶ)と呼びますがが、石見銀山に掘られた900ほどの坑道のうち、予約なしで通年内部の見学ができるのはこの龍源寺

大久保石見守墓

大久保石見守墓

石見銀山にある慶長6年(1601年)に石見奉行となった大久保石見守(大久保長安)の墓。大久保長安は、慶長10年(1605年)、浄土宗・大安寺を建立していますが(水害で荒廃し極楽寺に併合)、その境内に生前に築いたのが逆修塚。創建時の宝篋印塔は

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ