角島灯台

角島大橋(つのしまおおはし)で本土と陸続きとなった角島(つのしま)の北西、夢ケ崎に建つのが角島灯台。「灯台の父」と呼ばれるリチャード・ヘンリー・ブラントンの設計による最後の灯台で、Aランクの保存灯台で、日本の灯台50選にも選定。灯塔は総御影石造りで、しかも無塗装。男木島灯台と2ヶ所しかない石造・無塗装灯台です。

「灯台の父」・ブラントン設計の石造灯台が現存!

明治9年3月1日に初点灯した、日本海側初の洋式灯台。
灯高(地上〜塔頂)29.62m、灯火標高(平均海面〜灯火)は44.66mで、光達距離は、18.5海里(約34km)。
建設位置は標高13mの低地のため、明治初期の灯台としては異例の高さになっています。

石材は徳山産の花崗岩。
平成7年度に耐震補強にあわせた保全工事が実施されています。

灯台は見学可能な参観灯台で、灯台内の105段の螺旋(らせん)階段を上って、灯火部分から日本海を一望にすることができます。
灯台一帯は下関市立の角島灯台公園として整備され、灯台守が家族で生活した退息所は、灯台資料館となっています。

角島灯台 DATA

名称 角島灯台/つのしまとうだい
Tsunoshima Lighthouse
所在地 山口県下関市豊北町角島2343-2
関連HP 下関市公式観光サイト
電車・バスで JR山陰本線特牛駅からバスで33分、灯台公園前から徒歩3分
ドライブで 中国自動車道下関ICから約53km(1時間10分)
駐車場 角島灯台公園駐車場(100台)/有料
問い合わせ 角島灯台公園TEL:083-786-0108
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

男木島灯台

2017年7月1日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ