名古屋城 二之丸庭園

名古屋城の二之丸庭園は、尾張藩の初代藩主、徳川義直が築いた庭園で、元和年間(1615年〜1623年)に二之丸御殿の造営にともない御殿の北側に聖堂(金声玉振閣)を中心として作庭された大名庭園です。御三家筆頭の尾張藩の大名庭園は、江戸の藩邸の庭園も江戸随一だったので、名古屋城も素敵な庭園だったと推測できます。

木々茂る森の庭から枯山水へと変化したワケは!?

作庭当初は、築城の際に余った石を使い、尾張藩内にあった木曽の景勝地である「寝覚の床」(ねざめのとこ/現・長野県木曽郡上松町)を模したといわれる名園で、ヒノキ茂る木曽の山々と水運で物資を運んだ木曽川への造詣を庭に込め、深く険しい谷と高い山を築いたのです。
ちなみに、有名な木曽檜は、尾州檜(びしゅうひのき)と通称されるように、当時、木曽は尾張藩の領地だったのです。

二之丸庭園は、江戸時代半ばの享保年間(1716年〜1736年)以降に改修され、枯山水庭園になりました。
当初は険しい山と谷だった庭園を江戸中期以降に枯山水に改めたのは、当初の庭園が名古屋城本丸防備の役割を担っていたから。鬱蒼と茂る森、深い谷は戦時には大軍の進軍を阻む役割をも担っていたと推測されるのです。

天下泰平の江戸の中期になってその役割を終え、使いやすい枯山水に変更されたのです。

明治期に三の丸に陸軍の名古屋鎮台が置かれたために荒廃、さらに戦火で木々が焼け落ちています。

戦後、昭和28年に「名勝」の指定を受け、昭和41年に名古屋市により整備され公開。
現存する庭園は1554坪で旧庭園の一部だった北庭と、旧陸軍将校集会所の前庭として旧庭園の材料で作庭された南庭とに分かれている。二之丸庭園(北御庭)は、平成30年の本丸御殿の完成するのにあわせて名勝指定区域の石組の積み直し、植栽の整備、削られた築山の復元が実施され、往時の雰囲気を取り戻しつつあります。

なお、織田信長の生まれた那古屋城は名古屋城の二の丸付近にあったと推定されています。

名古屋城 二之丸庭園 DATA

名称 名古屋城 二之丸庭園/なごやじょう にのまるていえん
所在地 愛知県名古屋市中区二の丸1
公式HP http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/
電車・バスで 地下鉄名城線市役所駅から徒歩5分
ドライブで 名古屋高速楠線東川端ランプから北へ400m走った清水口交差点を左折、1kmで正門
駐車場 202台(二之丸東駐車場=東門駐車場/8:30〜18:30、さくらまつり期間中は20:00まで、宵まつり期間中は22:00まで)/有料
問い合わせ 名古屋城総合事務所TEL:052-231-1700/FAX:052-201-3646

名古屋城

2017.03.07
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ