白鳥古墳

白鳥古墳

名古屋市熱田区にある全長70mの前方後円墳が白鳥古墳(しらとりこふん)。熱田神宮では日本武尊(やまとたけるのみこと)の陵(みささぎ)、白鳥御陵、さらに北側にある断夫山古墳を宮簀媛(みやずひめ)の墳墓として、毎年5月8日に白鳥古墳と断夫山古墳とにおいて『御陵墓祭』が行なわれています。

尾張氏の首長墓だと推測されますが熱田神宮の社伝では日本武尊陵

白鳥古墳
白鳥古墳

6世紀初頭に築造された尾張氏の首長墓だとと推測され、江戸時代までは隣接する白鳥山(はくちょうさん)法持寺(空海創建と伝わる古刹)の境内となっていました。

往時には周濠が巡らされていましたが、今ではそれも失われています。
古墳内は危険と文化財保護のため立ち入ることができません。

江戸時代に古墳から出土した鉄地金銅張馬具は、愛知県の文化財に指定されています。

白鳥古墳 DATA

名称 白鳥古墳/しらとりこふん
Shiratori Tomb
所在地 愛知県名古屋市熱田区白鳥
電車・バスで 名古屋市営地下鉄神宮西駅から徒歩5分
ドライブで 名古屋高速4号東海線六番北出口から約2km。名古屋高速3号大高線呼続出口から約3km
駐車場 白鳥庭園駐車場(50台/有料)を利用
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

断夫山古墳

2018.05.07

熱田神宮

2017.03.07
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ