トロッコ道(トロッコ軌道跡)

トロッコ道(トロッコ軌道跡)

兵庫県朝来市市生野町口銀谷の市川右岸沿いなどに残る生野鉱山専用軌道敷(三菱電気軌道)の跡がトロッコ道(トロッコ軌道跡)。生野鉱山(生野銀山)で産出した鉱石を運搬するための鉱山鉄道の廃線跡で、大正9年、電気機関車が導入された際、金香瀬坑道〜支庫(旧生野駅)間に敷設されたものです。

姫宮橋から石造アーチ橋を見学

生野銀山は明治政府が手掛けた最初の官営化した鉱山で、明治元年、明治政府は仏人技師ジャン・フランソワ・コアニエ(Jean-François Coignet)を招き近代化に着手。
明治9年には生野〜飾磨間に幅員6m、全長約49kmの生野鉱山寮馬車道(通称:銀の馬車道)を敷設。
フランス人技師レオン・シスレー(ジャン・フランソワ・コワニエの妻の弟)の監督のもと、当時としては最新技術のマカダム式道路(砕石による道路舗装法)を採用しています(日本初の高速産業道路)。

当初は人力での搬出、その後、馬車、そして鉄道馬車となりましたが、大正8年にアメリカ製の6トン電気機関車が導入されたことを受け、本所〜生野駅の区間が延長され、生野鉱山から精錬所を経て積出し駅の旧生野駅までが一本に結ばれます(電車軌道の完成で馬車鉄道を廃止)。
昭和30年にトラック輸送に変わるまで、この軌道で鉱石を精錬所に搬出していました。

この時に築かれたのが口銀谷地区の軌道跡で、市川右岸には、中世に築かれ、後に生野代官所が置かれた生野城跡の石垣を転用したアーチ型の石積みも残されています。
口銀谷銀山町ミュージアムセンター(旧浅田邸)近く、姫宮神社の参道となる姫宮橋から眺めるトロッコ軌道跡は絵になる風景です。

また遊歩道として整備され、トロッコ用の6キロレールを当時と同じ500mm軌間で埋め、イメージを再現しています。

トロッコ道(口銀谷地区、奥銀谷地区)は、生野鉱山関連施設群(金香瀬地区)、鉱山町の町並み、神子畑選鉱場跡などとともに経済産業省の近代化産業遺産「我が国鉱業近代化のモデルとなった生野鉱山などにおける鉱業の歩みを物語る近代化産業遺産群」に認定。

さらに日本遺産「播但貫く、銀の馬車道 鉱石の道~資源大国日本の記憶をたどる73kmの轍~」の構成資産にもなっています。

トロッコ道(トロッコ軌道跡)
姫宮橋とトロッコ軌道跡
トロッコ道(トロッコ軌道跡)
名称 トロッコ道(トロッコ軌道跡)/とろっこどう(とろっこきどうあと)
所在地 兵庫県朝来市生野町口銀谷617
関連HP 生野町観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR生野駅から徒歩10分
ドライブで 播但連絡道路生野から約1km
駐車場 観光駐車場(70台/無料)
問い合わせ 生野町観光協会 TEL:079-679-2222
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
旧生野鉱山職員宿舎 (志村喬記念館)

旧生野鉱山職員宿舎 (志村喬記念館)

兵庫県朝来市生野町口銀谷に現存する日本で最初に建てられた鉱山官舎・社宅が旧生野鉱山職員宿舎。明治時代から大正、昭和にかけての風呂や竈(かまど)などの生活様式の変化を展示するほか、その一部は、黒澤明監督作品に数多く出演した俳優・志村喬(しむら

ムーセ旧居

ムーセ旧居

兵庫県朝来市(あさごし)佐嚢にある明治初期建築の洋館がムーセ旧居。明治維新とともに生野銀山(生野鉱山)が、日本で初の国営鉱山となり、フランス人技師の指導を仰いだ際、その住居として建築されたもの。明治4年暮れから明治5年に建てられた5棟のフラ

神子畑選鉱場跡

神子畑選鉱場跡

兵庫県朝来市佐嚢にある明延鉱山の選鉱施設として建設された選鉱場跡が神子畑選鉱場跡。神子畑鉱山が明治終期に閉山し、大正8年、明延鉱山の鉱石を選鉱する選鉱場として誕生したもので、当時は「東洋一の選鉱場」といわれていました。昭和62年、明延鉱山の

神子畑鋳鉄橋

神子畑鋳鉄橋

兵庫県朝来市の神子畑川に架かる鋳鉄一連アーチ橋が神子畑鋳鉄橋(みこばたちゅうてつきょう)。明治18年に架橋された橋で、鋳鉄製の橋梁としては、日本最古の橋、国の重要文化財、そして経済産業省の近代化産業遺産、さらには日本遺産「播但貫く、銀の馬車

羽淵鋳鉄橋

羽渕鋳鉄橋

兵庫県朝来市にある明治20年に完成した鋳鉄製二連アーチ橋が羽渕鋳鉄橋。現在は国道312号沿いに移設保存され、兵庫県重要有形文化財、経済産業省の近代化産業遺産に認定されるほか、日本遺産「播但貫く、銀の馬車道 鉱石の道」の構成資産にもなっていま

史跡生野銀山

史跡生野銀山

兵庫県朝来市にある日本を代表する銀山の跡が史跡生野銀山で、その坑道を観光用に公開。「観光坑道」は坑道のうち1kmを公開するもの(往復40分)。近代坑道・金香瀬坑(かながせこう)が中心とした見学となりますが、江戸時代の滝間歩(たきまぼ)旧坑で

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ