岡本さんのルーツを探せ!

古代の苗字は姓(かばね)と呼ばれ、元々は朝廷から与えられた家格の称号であった。それらの八色姓(やくさのかばね)は、真人(まひと)・朝臣(あそみ)・宿禰(すくね)・忌寸(いみき)・導師〈みちのし〉・臣(おみ)・連(むらじ)・稲置(いなぎ)などである。その第一位が真人で、第四位が忌寸なのだが、岡本氏のルーツを辿れば、岡本真人(丘基眞人)が出てきたり、漢帰化族の岡本忌寸(おかもとのいみき)が現れる。どうやら岡本氏は古代からの豪族であったようだ。

明日香と斑鳩に古代の岡本さんのルーツが

──大和国高市郡丘基(おかもと)を発祥とする岡本氏は、敏達(びだつ)天皇の後裔岡本真人の流れであり、河内国交野(かたの)郡岡本を発祥とする岡本氏は渡来系坂上氏族の岡本忌寸を生むのだが、他にも岡本氏の祖先には古代の豪族が目白押しである。
大和国高市郡丘基は、明日香村岡に比定される。

大和国からは八咫烏命(やたがらすのみこと)の末裔という岡本氏が出、また、大国主命を祖に持つ大三輪氏(おおみわうじ=大神氏)や賀茂氏と同族の岡本氏もいる。さらに近江国からは大中臣(おおなかとみ)氏族の岡本氏が生まれている。岡本氏の歴史とは直接の関係はないはずだが、舒明天皇は大和国に飛鳥岡本宮(あすかおかもとのみや)を開いたので、岡本天皇ともいわれたとか。「岡本宮」は、文字どおり岡(雷丘)のふもとに立地していたことに由来する。奈良県生駒郡斑鳩町岡本にある法起寺(ほうきじ)は、「法隆寺地域の仏教建造物」の一部として世界遺産に登録される古刹。実はこの地は聖徳太子が法華経を講じた「岡本宮」の跡地と伝わるが、はたして。明日香村岡地区にあったと推測される岡本宮だが、現在のところ、宮跡は特定されていない。
岡本宮があったと推測される明日香村岡地区も、法起寺のある斑鳩町岡本もまさしく、古代からの岡本さんのルーツに違いない。

201601130402
↑岡本宮跡といわれる世界遺産・法起寺

岡本宮があったと有力視される明日香村岡地区にある岡本寺。実はこの寺は、舒明天皇の岡本宮旧蹟を伽藍として、「岡本寺」としたとも伝えられているから、岡本さんの貴重なパワースポットに間違いはない。
本尊の如意輪観世音菩薩は平安末期の木彫坐像だ。

和歌山と千葉に水軍由来のルーツが

一方、武家の岡本氏の系統は多岐にわたっている。
岡本氏がとくに多いのは尾張国(愛知県)と紀伊国(和歌山県)だろうか。

尾張の岡本氏は尾張津島四家七党の一つで、織田氏、豊臣氏に仕えた。
紀伊の岡本氏は葛城国造(かつらぎのくにのみやつこ=大和国南西部を支配した国造)の後裔ともいわれ、紀伊国海部郡雑賀(さいが)を発祥とする雑賀氏族である。雑賀氏族の岡本氏は、その戦いは負け知らずといわれた雑賀水軍(さいかすいぐん=雑賀衆)として熊野・讃岐方面で活動し、本願寺勢力と織田信長が激突した石山合戦においては毛利水軍とともに活躍した。
神奈川県横須賀には雑賀姓が多いが、これは紀州の雑賀水軍をルーツとする末裔。有名なデパートの「さいか屋」は、雑賀衆の末裔とされる岡本傅兵衛が1867年(慶応3年)に呉服屋を開いたのが始まりという。現在の社長ももちろん、岡本さんだ。
「さいか屋」の岡本さんのルーツでもある和歌山市小雑賀(雑賀氏族のルーツ)には、岡本皮フ科、岡本内科が入る岡本クリニックビル、さらに岡本助産院と岡本さんがズラリ。和歌川と和田川に囲まれた中洲のような地形は、まさに水軍の拠点にふさわしい。城下町が開かれる以前の現在の市街地が、雑賀と呼ばれていたので、実際のルーツは小雑賀にとどまらない。

その他の武家の岡本氏としては、安房国平群(へぐり)郡岡本を発祥とする清和源氏里見氏流の岡本氏も有名。
急斜面の崖が海に迫る内房の海岸線の上に、安房里見水軍の基地であった岡本城(千葉県南房総市富浦町豊岡)があり、現在は里見公園となっている。やはりここも水軍ゆかりの地。
岡本城は、元々は里見氏家臣の岡本豊前守氏元の居城であったが、元亀元年(1570)に里見義弘に召し上げられている。
眼下に天然の良港をもつ岡本城は、三浦の水軍に対峙する里見氏の防御の拠点となったのだ。築いたのは岡本氏だから、ルーツをたどれば案外、雑賀水軍にたどり着くのかもしれない。

栃木、三重にもルーツを発見

下野国河内郡岡本(現在の宇都宮市下岡本町・中岡本町一帯)を発祥とする清原姓芳賀氏族の岡本氏も有名だ。
この下野国の岡本氏は、宇都宮氏の家中で「紀清党」と呼ばれて、その勇猛振りで知られた清原姓芳賀氏の一族である。
鬼怒川の支流に臨む段丘上に築かれた崖端城である岡本城(宇都宮市中岡本町)で出生した岡本重親は、やがて、松ヶ嶺(まつがね)城(栃木県矢板市上太田)を築いて居城とする。岡本城には土塁などが現存しているし、松ヶ嶺城の城郭遺構は、一部を除いてほぼ完全に残っている。
栃木県を中心に北関東の岡本さんにとっては貴重なルーツだろう。

その他、菊池氏流の岡本氏、藤原秀郷流小山氏族の岡本氏。磐城・岩代国、武蔵国、上野国、伊豆国、能登国、美濃国、摂津国、伊勢国、備後国、肥前国、日向国、肥後国の岡本氏など多彩。

岡本氏関連の城としては、伊勢亀山城(亀山市本丸町)も訪れたい城である。亀山古城は鎌倉時代に関氏によって築かれ、天正18年(1590年)に、豊臣秀吉に従った岡本宗憲が入城後、天守、本丸、二の丸、三の丸などのその後の亀山城の母体となる城が形成されている。藩政時代には東海道の貴重な守りの城となり、徳川家康、秀忠、家光などが本丸を休泊に利用している。ただし岡本宗憲は、関ヶ原の戦いで自刃し、江戸時代の藩主には岡本家の名はない。多聞櫓が見事だし、復元された二の丸帯曲輪が美しい。旧二の丸御殿玄関は、遍照寺本堂(亀山市西町)に移築されている。
余談だが、岐阜県岐阜市にある鋳物、精密治具メーカーの株式会社ナベヤは、織田信長の三男・織田信孝に仕えた岡本太郎右衛門尉(岡本良勝)が創業したとされる老舗のメーカー。成田山新勝寺の梵鐘なども制作している。
伊勢亀山城
↑伊勢亀山城の多門櫓

滋賀県東浅井郡湖北町や神戸市東灘区に岡本神社があり、兵庫県川西市平野や奈良県高市郡明日香村に岡本寺がある。

岡本姓は、奈良県と和歌山県で大姓第8位、岡山で10位など西日本に多く分布し、東日本には少ない。
宮崎南部や鹿児島では「岡元」姓もかなりみかけるがいずれにしても岡の本(元)という地形由来だ。

家紋は、勇猛果敢な武将の家紋である違い鷹の羽を中心に、榊、烏、三つ巴、花輪違い、桔梗、柏、橘、丸に横木瓜、丸に本文字、笹竜胆、亀甲に一角字、結い錦など。『半七捕物帳』の岡本綺堂は蝶紋という。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ