坂本さんのルーツを探せ!

歴史上の人物の人気ランキングで必ず上位に入っているのが、勤王の志士・坂本龍馬。
織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、伊達政宗などと並んで必ず、上位に顔を出しています。
明治42年1月1日に発行された『冒険世界』という雑誌の付録に「全世界英雄番付」が掲載されているので、紹介しよう。読者アンケートでの東西の英雄番付で、東洋版の横綱は、豊臣秀吉。以下、大関・チンギスハン、関脇・徳川家康、小結・西郷隆盛、前頭筆頭・北条時宗で、織田信長はといえばなんと10番目。坂本龍馬はなんと58位。

実は、坂本龍馬の英雄的なイメージは、司馬遼太郎の長編小説『竜馬がゆく』の出版以降に形成されたもの。それを原作にしてのテレビドラマや映画でさらに増幅されています。

まずは人気ナンバーワンの坂本龍馬のルーツを探すと

坂本龍馬の略歴を記すと、
──天保6年(1835年)、坂本八平の次男として生まれた土佐藩郷士坂本龍馬は、江戸へ出て、北辰一刀流千葉定吉(周作の弟)の門弟として修行を始める。龍馬は初めて江戸に上るとき関所を過ぎた途端、おもむろに懐から下駄を出して履いたという。土佐藩では上士は下駄を履くことが出来たが、龍馬のような下級武士は草履しか許されていなかったのである。

やがて龍馬は、勝海舟のもと神戸海軍操練所で学び、慶応2年(1866年)には薩長同盟の締結を仲介。同年の第二次長州征伐では薩摩藩名義で長州に武器・弾薬を調達。土佐藩の援助を受けて海援隊を発足させ、慶応3年(1867年)6月、長崎から京都へ向かう船上でいわゆる「船中八策」を示す。これは10月の大政奉還建白書の原型となっている。
そして、大政奉還後の11月15日、京都近江屋にて暗殺された。享年33歳。墓所は京都市東山区清閑寺霊山の霊山墓地。高知市浦戸城山に高知県立坂本龍馬記念館がある。

坂本龍馬の先祖は、本能寺の変の後に土佐国殖田郷才谷村(高知県南国市)に落ちてきた明智光秀の一族だという。明治16年に坂崎紫瀾が龍馬を主人公にした『汗血千里駒』には「そもそも坂本龍馬の来歴を尋るに、其祖先は明智左馬之助光俊が一類にして、江州坂本落城の砌り遁れて姓を坂本と改め、一旦美濃国関ヶ原の辺りにありしが、其後故ありて土佐国に下り」と記されており、坂本家でも言い伝えとして伝承されているのだとか。高知県立坂本龍馬記念館に確認すると、「それを実証する史料はありませんが、坂本家には伝承があるので『こういう説もあります』という程度で紹介しています」とのこと。

では、龍馬の子孫が「坂本家のルーツ」とする近江国滋賀郡坂本(滋賀県大津市坂本)に出かけてみよう。
滋賀県の湖西に位置する坂本は,比叡山延暦寺や日吉大社の門前町として発達した歴史の地。
比叡山延暦寺の建つ、比叡山の麓、比叡山に登る坂の下(もと)という地名で、今でも比叡山の京都側を西坂本、滋賀大津側を東坂本と呼び習わしている。

そんな比叡山を元亀2年(1571年)、織田信長は焼き討ちにするが、その直後に信長は明智光秀に命じて坂本城を築かせる。比叡山延暦寺の監視と琵琶湖の制海権の確保のために坂本の地は重要だったわけだ。イエズス会宣教師のルイス・フロイスも「天下の名城」と称えた坂本城の半分は、いま静かに琵琶湖の湖底に眠っている。城内から直接船に乗り込むことのできる水城だったのである。

城跡としてはの坂本城址公園(滋賀県大津市下阪本3-1)がある。また、かつての坂本城の城門は、比叡山麓の西教寺(滋賀県大津市坂本5-13-1)総門と天台宗の名刹・聖衆来迎寺(しょうじゅらいこうじ/滋賀県大津市比叡辻2-4-17)の表門(国の重要文化財)として移築されている。
201512290202
↑坂本城の城門を移築した西教寺総門

坂本さんなら和泉市阪本は必踏の地

坂本氏のルーツをさらに遡ってみれば、武内宿禰(たけうちのすくね=記紀に伝わる古代日本の人物)の末裔が和泉国和泉郷坂本(大阪府和泉市阪本町)を領して坂本臣(さかもとのおみ)となったことに始まるという。古くからの坂本氏の本拠地であった和泉郷坂本には、かつて坂本(土居)城が聳えていたとか。白鳳時代に建立された坂本寺の跡には禅寂寺が建っている。禅寂寺の前身、坂本寺は飛鳥時代のこの地の豪族、坂本臣が氏寺として建てたものという。

昭和40年代に発掘調査がなされ、法隆寺の伽藍(がらん)と同じ配置に堂宇が並んでいたことが確認されている。出土した瓦などの研究から7世紀中頃から寺院の造営が始まったと推測されているのだ。塔跡から移された塔心礎(とうしんそ=禅寂寺塔刹柱礎石)は大阪府の文化財に指定されている。
──やがて、この和泉国から近江国や、讃岐国、越後、和泉、河内などに坂本氏は移動し広まっていくのだ。

上野国碓氷郡坂本を発祥とする坂本氏に坂本君や坂本朝臣(さかもとのあそみ)がいる。美濃国大野郡坂本を発祥とする坂本氏、摂津の難波吉士(きし)流、藤原北家二階堂流、下野の宇都宮流、紀伊の清和源氏武田氏流などの坂本氏も知られている。また、熊野本宮社家、熱田大宮司、志賀海神社などにも坂本氏が見られる。

出羽国東根には清和源氏斯波氏流天童氏族の坂本氏が東根城を居城としていた。相模国高座郡深見の深見藩主の坂本氏は、武田信虎・武田信玄・武田勝頼の武田三代に仕え、深見神社(大和市深見)を創建し、墓は同じ大和市の仏導寺にある。越後国魚沼郡(新潟県南魚沼市大倉)には「八海大明神」と呼ばれる坂本神社がある。

高知県安芸郡奈半利町の多気坂本神社(高知県安芸郡奈半利町乙2586)は、坂本臣の祖で武内宿禰の子・葛城襲津彦命(かつらぎのそつひこのみこと)を祀る神社で、『延喜式』にも記載の古社だから、四国の坂本さんにとっては重要な場所のひとつだろう。

坂本姓は、和歌山(大姓10位)、四国(やはり龍馬の出身・高知が大姓11位)、九州(熊本が大姓5位、鹿児島では「坂元」姓が大姓16位)に多く、東海地方は少ない。
有名人では、坂本冬美が和歌山県出身。
家紋は、十本骨扇、丸に三つ丁子、亀甲、五三桐、蔦、二つ巴、木瓜(もっこう)、剣片喰(かたばみ)、九曜、桔梗など。龍馬の坂本家は、明智氏の桔梗紋の流れを汲んだ違枡桔梗。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ