木之本宿

木之本宿

滋賀県長浜市木之本町にある北国街道(ほっこくかいどう)の宿場町が木之本宿(きのもとじゅく)。鳥居本宿(現・滋賀県彦根市鳥居本町)で中山道と分かれ、金沢城下を結んだ北国街道。その宿場として栄えたのが木之本宿で、今庄宿(現・福井県南越前町今庄)を朝出立するとちょうど木之本で泊となる行程。

北国街道の宿場町の家並みが現存

木之本宿と関ヶ原宿を結んだ北国脇往還は、小谷城下通り抜け、戦国武将たちの活躍の道にもなっています。
賤ヶ岳の戦(しずがたけのたたかい)の際に、羽柴秀吉は大垣城から木之本(13里・約52km)まで、北国脇往還を5時間で駆け抜け(「大垣大返し」)、柴田勝家軍の動揺を誘っています。

江戸時代には、本陣、脇本陣、旅籠、問屋、商家などが200軒が軒を並べていたと記録されているので、近江、越前国境の山越えを控え、多くの旅人や越前の大名が利用したことがわかります。
 『今庄羽根曽踊り』(いまじょうはねそおどり/福井県の無形文化財)に「今庄朝立ち、木之本泊まり、中河内で昼弁当」歌われるように、国境の栃ノ木峠(とちのきとうげ)を越え木之本で宿泊するのが一般的でした(距離にして40kmほどあり、当時の1日の行程に最適でしたが、北国街道の難関とされる国境越えもあり、距離以上に厳しい行程でした)。

木之本宿には昭和の初めまでは宿場の中央に防火用水を兼ねた水路が通り、柳が風に揺れた風情がありましたが、国道となった今では、舗装されて失われています。

木之本宿は、木之本地蔵院の門前町でもあり、地蔵院周辺には昔ながらの門前町・宿場町の家並みが残されています。
長浜市の景観形成重点区域にも選定され、町並み保存が図られています。
室町末期創業の冨田酒造、日本で第1号の薬剤師の本陣薬局(木之本宿本陣跡/国の登録有形文化財「竹内家住宅」)、山内一豊が名馬を購入した「馬宿・平四郎」(木之本では年2回牛馬市が開かれていました)、脇本陣山路清平家(山路酒造/国の登録有形文化財)などを見学しながら、宿場散策を楽しむことができます。
とくに本陣の遺構である本陣薬局は、現存する町家では最古の延享元年(1744年)の築。
山路酒造は室町期の創業で、現存する建物は昭和3年の再建。

木之本宿
名称 木之本宿/きのもとじゅく
所在地 滋賀県長浜市木之本町木之本
関連HP 長浜観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR木ノ本駅から徒歩5分
ドライブで 北陸自動車道木之本ICから約1km
駐車場 木ノ本駅駐車場・観光駐車場を利用
問い合わせ 長浜観光協会北部事務所 TEL:0749-82-5909/FAX:0749-82-5913
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
江州木之本・馬宿平四郎

江州木之本・馬宿平四郎

滋賀県長浜市木之本町、北国街道木之本宿にあった牛馬市の開催場所が江州木之本・馬宿平四郎。木之本宿では昭和の初めまで年2度の牛馬市が開かれ、街道沿いの民家が宿となっていました。平四郎家でも古くから馬宿として多くの牛馬を取引していました。山内一

木之本地蔵院

木之本地蔵院

湖北の「観音の里」と呼ばれる滋賀県長浜市木之本町にある眼病に霊験あらたかとして信仰をあつめる時宗の寺、木之本地蔵院。寺の名は浄信寺ですが、地蔵信仰を背景に、木之本地蔵院として有名。賤ヶ岳の戦いで、羽柴秀吉が本陣を敷き、その戦火で焼失し、片桐

白木屋醤油店

白木屋醤油店

滋賀県長浜市木之本町、北国街道(ほっこくかいどう)の木之本宿にある昔ながらの醤油醸造所が白木屋醤油店。北国街道に面して建つ建物は、江戸時代後期の天保年間(1830年〜1844年)築の旅籠(はたご)建築で、白木屋醤油店主屋として国の登録有形文

冨田酒造

冨田酒造

滋賀県長浜市木之本町、北国街道(ほっこくかいどう)木之本宿、木之本地蔵院の門前にある「七本鎗」で知られる造り酒屋が冨田酒造。創業は天文年間(1532年~1554年) で、当主で15代目という老舗で、北国街道に面した主屋は延享元年(1744年

つるやパン

つるやパン

滋賀県長浜市木之本町、北国街道(ほっこくかいどう)木之本宿、木之本地蔵院の門前にあるにある手作りパン屋が、つるやパン。昭和26年創業の地元密着のパン屋ですが、テレビを始め各種メディアで「サラダパン」が紹介されたため、最近では遠来のお客も急増

本陣薬局(木之本宿本陣跡)

本陣薬局(木之本宿本陣跡)

滋賀県長浜市木之本町にある北国街道(ほっこくかいどう)の木之本宿本陣跡が本陣薬局。街道時代の貴重な本陣の遺構で、旧木之本宿本陣(竹内家住宅)主屋として、国の登録有形文化財になっています。北国街道を利用した諸大名が宿泊した際の宿札も現存。木之

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ