赤い屋根の喫茶店「駅舎」(旧芦野公園駅本屋)

津軽鉄道の五所川原駅(現在の津軽五所川原駅)〜金木駅間が開通した昭和5年開業の駅舎。昭和50年まで現役の駅舎として使われましたが、現在は地元NPO法人「かなぎ元気倶楽部」が運営する赤い屋根の喫茶店「駅舎」として営業中。この駅舎、太宰治も愛用した駅舎で、「東北の駅百選」のひとつ。

「踏切番の小屋くらゐの小さい駅」(太宰治『津軽』)が喫茶店に!

津軽鉄道開業当時(昭和5年)からの建築物としては現存する唯一の駅舎で、国の登録有形文化財になっています。
木造平屋建てで、正背面に下屋を設け、壁は簓子下見板(ささらこしたみいた=1尺ほどの間隔で簓子を打ちつけた下見)を張り、入口に腰折れ破風を設けて洋風な雰囲気を醸し出しています。

太宰治は、この駅舎を「芦野公園といふ踏切番の小屋くらゐの小さい駅」と表現しています。

内部は赤い屋根の喫茶店「駅舎」で、コーヒーなどの飲み物のほか、馬肉を使ったカレーが名物になっています。

ゴールデンウィークには『金木桜まつり』が開催され、「日本さくら名所100選」に選定の見事な桜が咲き誇ります。

太宰治『津軽』に登場の芦野公園駅
「蘆野公園といふ踏切番の小屋くらゐの小さい駅に着いて、金木の町長が東京からの帰りに上野で蘆野公園の切符を求め、そんな駅は無いと言はれ憤然として、津軽鉄道の蘆野公園を知らんかと言ひ、駅員に三十分も調べさせ、たうとう蘆野公園の切符をせしめたといふ昔の逸話を思ひ出し、窓から首を出してその小さい駅を見ると・・・」

赤い屋根の喫茶店「駅舎」(旧芦野公園駅本屋) DATA

名称 赤い屋根の喫茶店「駅舎」(旧芦野公園駅本屋)/
あかいやねのきっさてんえきしゃ(きゅうあしのこうえんえきほんや)
所在地 青森県五所川原市金木芦野84-171
公式HP http://wandono-ekisya.com/
電車・バスで 津軽鉄道芦野公園駅からすぐ
ドライブで 東北自動車道浪岡ICから約29km
駐車場 あり/さくらまつり期間(4月29日~5月5日)は有料、その他の期間は無料
問い合わせ TEL:0173-52-3398

芦野公園駅

2017年4月16日

芦野公園(芦野池沼群県立自然公園)

2017年4月16日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ