奥の細道むすびの地

1689(元禄2)年旧暦8月21日、俳聖・松尾芭蕉は、5ヶ月にわたる『奥の細道』の旅を大垣で終え、「蛤のふたみに別行秋ぞ」と詠んで、式年遷宮の伊勢神宮を目指し、水門川の船町港(船町湊)から長島・大智院へと揖斐川を舟で下っています。「奥の細道むすびの地」船町港には、芭蕉と谷木因(たにぼくいん)の像が立っています。

『奥の細道』の旅のゴールは大垣

1684(貞享元)年、『野ざらし紀行』の途中など芭蕉は大垣に計4回立ち寄り、大垣藩士らを中心に盛んだった俳諧に影響を与えています。
俳友の谷木因が大垣で船問屋を営むことが立ち寄りの理由ですが、芭蕉の来訪により、「蕉風俳諧」が美濃地方にも広まっています。

大垣市は船町港を「史跡奥の細道むすびの地」とし、船町港近くには、奥の細道むすびの地の碑のほか、「奥の細道むすびの地記念館」も建っています。

元禄2年3月27日(1689年5月16日)に江戸出立。9月6日に美濃国大垣に着くまで、武蔵から、下野、岩代、陸前、陸中、陸奥、出羽、越後、越中、加賀、越前を通過しています。
芭蕉46歳。距離にしておよそ2400km、150日あまりにおよぶ旅は、水の都・大垣がゴール。
『奥の細道』の記述も9月6日美濃大垣を出発するまでとなっています。
結びの句、「蛤(はまぐり)のふたみにわかれ 行く秋ぞ」。

芭蕉は、1689(元禄2)年9月6日辰の刻に、「伊勢の遷宮をおがまんと、また船に乗り」船町港を出船。
杉江(現在の桑名市杉江)に着船し、長島上坂手にあった長禅寺を経て大智院に入っています。
木因も大智院まで見送っています。

この年、伊勢では、この年の春、第46回神宮式年遷宮が行なわれていました。
 

奥の細道むすびの地 DATA

名称 奥の細道むすびの地/おくのほそみちむすびのち
所在地 岐阜県大垣市船町1
関連HP 大垣市
電車・バスで 養老鉄道西大垣駅から徒歩16分。または、JR大垣駅から徒歩18分
ドライブで 名神高速道路大垣ICから約5.5km
駐車場 251台(大垣市営丸の内駐車場)/有料
問い合わせ 大垣市商工観光課TEL:0584-81-4111
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

住吉灯台(船町港跡)

2017.08.29
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ